ホーム > まち・環境 > 空き家 > 空き家の相談窓口

更新日:2017年7月13日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

空き家の相談窓口

空き家相談に対応するため、「空き家相談窓口」を設置しています。

空き家の活用に関するものや近隣の空き家に関する相談・情報提供など、お気軽にご相談ください。

行政で対応が困難な専門的な内容につきましては、各専門家団体をご紹介いたします。

また、市では司法書士や弁護士などによる各種無料相談も行っておりますので、ご利用ください。

 ・無料相談(別サイトへリンク)※団体によっては予約が必要です。

 ・甲府市シルバー人材センターの活用(チラシ)(PDF:899KB)

場所

本庁舎8階 建設部 建設総室 空き家対策課

電話

055-237-5350

空き家をお持ちの方へのお願い

空き家の適切な維持管理をお願いいたします。

近年、全国的に空き家が増加し、防災、衛生、景観等の面から地域住民の生活環境へ影響を及ぼす空家等※1が問題となっています。

このため、平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されました。

管理不全な空き家で地域住民の生活環境へ深刻な影響を与える「特定空家等※2」と認定された場合、法に基づき助言・指導、勧告、命令等の措置が行われることとなります。

勧告を受けると、土地の固定資産税の住宅用地特例が受けられなくなります。

 

※1空家等とは…建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地を言います。

※2特定空家等とは…そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等を言います。詳しい内容は下記の「甲府市空家等対策計画」の資料3のP20~P25をご参照ください。

 

空き家の所有者の責任とは

空き家は個人の財産です。空き家の倒壊や屋根・外壁などの建材の飛散等により、近隣の家屋や通行人に被害を及ぼした場合、所有者・管理者は被害者から管理責任を問われ、賠償請求などをされる場合があります。

被害が甚大な場合には高額な賠償請求をされるおそれもありますので、空家等の適切な管理をしていただくようお願いいたします。

空家等対策計画について

空き家対策を総合的かつ計画的に推進するため、「甲府市空家等対策計画」を策定しました。

甲府市空家等対策計画(PDF:1,109KB)

空家等譲渡所得3,000万円特別控除

空き家等譲渡所得3,000万円特別控除に係る確認書(被相続人居住用家屋等確認書)の交付について

南北地域の空き家バンク、まちなか不動産バンクに関すること

甲府市空き家バンク

甲府市まちなか不動産バンク

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設総室空き家対策課空き家対策係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎8階) 

電話番号:055-237-5350

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る