ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 市の災害対策 > 甲府市の防災対策 > 8月26日(日曜日)7時55分“シェイクアウト訓練”を実践しよう!

更新日:2018年8月20日

ここから本文です。

8月26日(日曜日)7時55分“シェイクアウト訓練”を実践しよう!

  2018公式バナー(別サイトへリンク) 

シェイクアウト訓練は、家庭や職場、外出先など、それぞれの場所で地震から身を守るための3つの安全行動を、約1分間行うシンプルな訓練です。
参加者数を把握するため、事前参加登録を受け付けております。
個人やご家族での登録はもちろん、団体(自治会、会社、お店、学校、保育園、幼稚園、職場グループなど)での登録もお願いします。団体名の掲載に同意(または希望)いただいた場合、随時、市ホームページに掲載します。

登録は簡単!(訓練内容は、以下の記事をご覧ください。)

事前参加登録受付中です!

シェイクアウト訓練実施日時

平成30年8月26日(日曜日)午前7時55分から約1分間甲府市総合防災訓練日

訓練開始のタイミング

平成26年度大国小学校での取り組み午前7時55分に、防災行政用無線放送、甲府市防災防犯メールマガジン甲府市防災ポータル、甲府市防災アプリによる「緊急地震速報(訓練放送)」を合図に、シェイクアウト訓練を、市内一斉に行います。

大規模地震の発生時には、まずは、自分の身は自分で守るという「自助」の考え方に基づいて「いのち」を守ることが大切です。地震発生直後に、まず身を守ることは、地域のみんなで助け合う「共助」の防災活動につなげる大前提となります。

シェイクアウト訓練での3つの安全行動

地震の際に真っ先にすることは、とっさに行う身の安全の確保です。
地震発生時に、それぞれが置かれるいろいろな場面を考えた訓練と備えが必要です。

安全行動の1-2-3シェイクアウト写真01

室内にいるときは・・・「机の下にもぐって安全行動。机などがない場合は、腕や荷物を使って頭を守る。」といった行動をイメージしますが、屋外でも安全行動をとる手段があります。
屋外にいるときは・・・ビル、木、電柱や電線から離れた場所に移動し、安全行動。・カバンなど、持ち合わせているものを活用して落下物から頭部を保護し、空地や公園などに避難。 ・車を運転時は、安全な場所に停車し、シートベルトを締めたまま揺れが納まるまで待つ。など

シェイクアウト訓練とは?

このシェイクアウト訓練は、2008年(平成20年)にアメリカのカリフォルニア州で始まった訓練で、日本では「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(シェイクアウト提唱会議)」が推進母体となり、全国での普及を進めており、本市では、今年で4回目の実施となります。
総合防災訓練で本市が行うシェイクアウト訓練は、シェイクアウト提唱会議の協力を得て行います。
シェイクアウト提唱会議のホームページをご覧ください(別サイトへリンク)

事前参加登録をお願いします!

訓練への積極的な参加表明として、任意で事前の参加登録をお願いしています。
事前登録者数や団体名(任意※)などを市ホームページで公開し、一斉行動に向けて意識を高めていただくとともに、訓練終了後に訓練効果を検証するため、アンケートのご案内(回答は任意です。)をさせていただきます。
※登録時に同意をいただいた自治会名、会社名、学校名などを市ホームページその他の資料に掲載します。
ご家族、自治会、会社などでお誘いいただき、多くの皆さんの参加登録をお願いいたします!

ご登録方法

(1)申し込みフォームから登録

パソコン用申し込みフォーム(やまなしくらしねっと)(別サイトへリンク)
携帯電話、スマートフォンからは次のQRコードから

シェイクアウト訓練QRコード(2018)

(甲府市シェイクアウト訓練参加申込書)>利用規約に同意し申請する>(必要事項に、入力をお願いします。)

(2)FAXで登録
送信先:FAX 055-237-9911(防災企画課)
事前登録FAX用紙 WORD版(ワード:34KB)
登録用紙に必要事項を記入し、送信してください。(任意の用紙でも可)

(3)電話で登録
055-237-5331(防災企画課直通)
平日8時30分~17時15分

(4)申込期日
平成30年8月24日(金曜日)

シェイクアウト訓練のもうひとつの目的~日頃からの備えと事前学習~

地震の揺れから身を守るためには、「(1)ドロップ、(2)カバー、(3)ホールド・オン」のとっさの行動に加えて、日頃からの建物の耐震補強、家具の固定等の対策も必要です。
シェイクアウト訓練は、「3つの安全行動」とともに、訓練をきっかけとして、大きな地震から自分自身や家族の身を守るために普段からできることを一人ひとりが考え、家族、職場、仲間同士などで話し合い、実践につなげていくことも目的としています。
日頃からの備えを進めるために事前学習も行いましょう
シェイクアウト提唱会議による事前学習資料:シェイクアウトパンフレット【PDF:2.53MB】別ウィンドウでリンクを開きます)(別サイトへリンク)

なぜ参加すべきなのか?なぜ「まず低く、頭を守り、動かない」なのか?(別サイトへリンク)

緊急地震速報リーフレット(別サイトへリンク)

シェイクアウト訓練のほか、各地区の訓練にご参加ください

甲府市総合防災訓練は、主会場訓練と各地区会場訓練を8月の最終日曜日(今年は8月26日)に同時に実施し、庁舎に設置する災害対策本部と地域が連携した実践的な内容の訓練とします。
この訓練メニューのひとつとして、シェイクアウト訓練があります。
8月26日(日曜日)の総合防災訓練当日は、午前7時55分のシェイクアウト訓練の後、午前8時に防災行政用無線、甲府市防災防犯メールマガジン甲府市防災ポータル、甲府市防災アプリで避難を呼び掛ける放送を行いますので、引き続き各地区の訓練にご参加ください。

甲府市防災防犯メールマガジン・甲府市防災アプリの登録をしましょう!

「シェイクアウト訓練」では、8月26日(日曜日)7時55分に訓練開始の合図として、防災行政用無線放送と「甲府市防災防犯メールマガジン」および「甲府市防災アプリ」により「緊急地震速報(訓練情報)」を配信します。

「甲府市防災防犯メールマガジン」および「甲府市防災アプリ」は、防災行政用無線の放送内容をはじめ各種の防災・防犯情報を、携帯電話やパソコンにメール配信しており、災害時に甲府市からの情報を入手する手段として役立ちます。

「シェイクアウト訓練」を機会に、多くの皆さまのご登録をお願いします。

ご登録方法は、こちらをご覧ください。甲府市防災防犯メールマガジン甲府市防災アプリ

シェイクアウト訓練についてのQ&A

Q:シェイクアウト訓練は、どこで何を目的で始まったのか?
A:アメリカ合衆国カリフォルニア州で、2008年(平成20年)に開始された地震対応訓練です。カリフォルニアでの地震研究の最新成果を社会に公表し、地震への対応を進めることを目的として考案されました。シェイクアウト(ShakeOut)の米国事務局は、南カリフォルニア地震センター(http://www.scec.org/)の中にあります。

Q:シェイクアウト訓練が日本で導入されたきっかけと時期は?
A:林春男・京都大学防災研究所教授が2010年10月に行われたカリフォルニアシェイクアウトの高い評価を知り、2010年12月に日本での導入を提唱したことがきっかけです。国内最初のシェイクアウト訓練は、東京都千代田区が2012年3月9日に実施したのが始まりです。甲府市では、平成25年度総合防災訓練で県内市町村で初めて実施しました。

Q:シェイクアウト訓練の日本での普及母体は?
A:2011年11月に林春男教授をはじめとする防災研究者が呼びかけ、2012年1月に結成された「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議」(略称:シェイクアウト提唱会議)が日本での普及母体です。会長には、林春男教授が就任し、事務局は公益財団法人日本法制学会内におかれています。

Q:シェイクアウト訓練の言葉の意味は?わざわざ英語の訓練名を使用するのは?
A:シェイクアウト(ShakeOut)は、発案者の造語です。直訳すると「地震をぶっとばせ」「地震に負けるな」となります。シェイクアウト訓練は、元々アメリカで発案され、世界に呼び掛けられた訓練の方式です。このため、アメリカの発案者に敬意を表するとともに、地震対策の国際的な発展のために、この名称を使用しています。

Q:事前参加登録はなぜ行うのか?
A:事前の参加登録を行うことで、参加の意志を確認するとともに、声かけ等で参加者を増やしていくことができます。また、事前に登録していただいた方には、事前学習の推奨と、訓練後のアンケートのお願いも行います。

Q:すでに行われている安全行動をわざわざ行う必要があるのか?
A:2016年4月の熊本地震では、震度7の大きな揺れが発生し、家屋の倒壊や家具の転倒などにより、多くの人々が被害を受けました。この地震の中、どのくらいの人が身の安全行動をとっていたでしょうか。この訓練は、地震の際にとっさの安全行動を身に付けるためのものです。
小学校などでは、防災教育の一環として地震が発生したときに机の下にもぐって、頭や体を守るなどの訓練が行われています。子どもも大人も一緒にシェイクアウト訓練を行うことにより、子どもたちの安全行動の能力をさらに高めると同時に、家庭や地域の防災意識を高めていただくという相乗効果も期待できます。

 

主催:甲府市、協力:効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(シェイクアウト提唱会議)
お問い合わせ先:甲府市役所防災企画課
〒400-8585甲府市丸の内1丁目18-1(市役所本庁舎4階)
電話:055(237)5331・FAX:055(237)9911
電子メール:boutaisaku@city.kofu.lg.jp

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理室防災企画課防災係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎4階)

電話番号:055-237-5331

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る