ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 中核市への移行について > 市長が中核市への移行を表明しました

更新日:2016年7月22日

ここから本文です。

市長が中核市への移行を表明しました

本市では、分権時代をリードする自治体としてふさわしい権限と責任をもち、今後より一層、都市としての高度な自主性と自立性を備え、多様化する市民ニーズに迅速かつ的確に対応し、市民生活の質を充実していくとともに、県都としてのリーダーシップを十分に発揮し、甲府圏域全体の活性化を一層推進していくことを目的として、中核市移行の経過措置期間を最大のチャンスとして積極的に活用する中で、開府500年を迎える節目の年でもある、平成31年4月1日の中核市への移行を目指すこととしました。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市戦略室中核市推進課中核市推進係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5339

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る