ホーム > 甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市 > 3.見どころじまん > 史上初!!外国人女流プロ棋士カロリーナさんインタビュー

更新日:2017年3月28日

ここから本文です。

史上初!!外国人女流プロ棋士カロリーナさんインタビュー

カロリーナさん9甲府大使でもあるカロリーナ・クリスティーナ・ステチェンスカさんが、平成29年2月20日に行われた第44期岡田美術館杯女流名人戦の予選2回戦で勝利し、女流2級へ昇級しました。この昇級により、史上初めての外国人女流プロ棋士が誕生しました。

今回、カロリーナさんへプロ棋士になった心境をインタビューしました。

 

 

「プロ棋士」になってみて

プロ棋士になるまは本当に大変で、苦しいこともありました。プロになることができてとても嬉しいです。これからも一つひとつの対局に大切に取り組むことはもちろん、もっと強くなって、対局に勝ち、初段に昇段することを目標に頑張っていきたいです。

 

言葉の壁と文化の壁

カロリーナさん52013年に日本に来た当初、食べ物がパンではなくてお米であること、対局は正座で行わなければならないこと、言葉の壁により上手にコミュニケーションがとれないことなど、たくさんの苦労がありました。異国で初めてのひとり暮らしだったこともあり、不安は大きかったです。将棋の解説本を読むこともできないため、将棋の勉強と同時に日本語も勉強する必要がありました。おかげで、今では日本語で日常生活を送ることができますし、長時間の対局も問題ありません。

 

 

 

対局へ臨むときは

カロリーナさん4対局へ前の日などは、散歩だったり、簡単な詰め将棋をやったり、コンピュータゲームをやったり、リラックスすることが多いです。将棋はメンタルに左右されますので、将棋から一度離れて頭の中をスッキリさせます。特に長い対局の前は頭も身体を休めなければなりません。1日中対局を行った後は、体重が数kg減ることもあります。将棋もスポーツの試合に臨むときの感覚に近いものがあると思います。

 

 

甲府で暮らしてみて

甲府市は、山に囲まれていて景色が綺麗ですし、東京に比べると静かな街で、より集中して修行することができる環境です。これからは大学の論文作成と並行して、プロの仕事を続けていきます。日本の将棋を世界中に広めたいですし、将来、世界中の子どもが将棋のプロを目指せる環境を作りたいと思っています。

 

将棋への想い

カロリーナさん8私にとっての将棋は、人生そのものです。将棋がなかったら、私が私ではなくなってしまいます。将棋に出会えてよかったですし、何より楽しいです。ヨーロッパでは、チェスがありますが、将棋はチェスと違って取った駒が使えることが魅力的です。

夢を叶えるためには、努力することは必要です。けれど、一番大切なのは楽しむことだと思います。楽しくないと意味がないと思いますし、私は今でも将棋が楽しいです。夢を持っている方は、絶対にその夢をあきらめないでほしいです。

 

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

都市戦略室シティプロモーション課広報係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る