ホーム > 甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市 > GO!GO!市民レポーターが行く! > とびだせ!市民レポーター > 2018年10月号・世界へ羽ばたけ!甲府商業高校ソングリーダー部

街の話題をお届け!

ここから本文です。

市民がこうふの話題をお届け!

10月号・世界へ羽ばたけ!甲府商業高校ソングリーダー部

2017年、アメリカで開催された「ミスダンスドリルチー甲府商業高校ソングリーダー部1ムインターナショナル in USA」において世界の頂点に立った甲府商業高校ソングリーダー部。その後も数々の大会で好成績を収めています。

部長の辻瑞歩さんと顧問の吉成純子先生に、その強さの秘訣をうかがいました。

ソングリーダーとは

チアリーディングから派生したダンス競技で、ヒップホップやジャズ、バレエなどのダンスの要素を取り入れています。ポンポンを持って踊るところはチアリーディングと共通していますが、チアリーディングのようなアクロバットな要素はなく、ダンス主体の競技です。

日々の練習

現在の部員数は、1年生7人、2年生9人、3年生14人の甲府商業高校ソングリーダー部2合計30人。練習は、授業前の朝練と放課後の3時間、土・日曜日は半日行われています。水曜日は練習は休みですが、辻さんは「1日でも練習を休むと身体が鈍ってしまい演技の質が落ちてしまうので、毎日でも練習したい」と笑顔で話します。練習の内容は、筋トレ、柔軟、体幹トレーニング、バレエレッスン、ステップなどの技の基本練習、そして顔の表情の練習など多岐にわたります。その日の練習メニューは、3年生が中心となり自主的に決め、指導するのも3年生。先輩から後輩へ、そしてお互いにアドバイスをし合う練習スタイルがソングリーダー部に代々受け継がれる伝統です。

再度、世界の舞台へ

8月に行われた全国高等学校ダンスドリル選手権大会2018甲府商業高校ソングリーダー部3で、POM部門で第3位、ソングリーダー部門で特別賞を受賞しました。このことにより、来年3月にアメリカで開催される世界大会への出場権を手に入れました。

今月の市民レポーター/佐野いずみ

元気な掛け声とキラキラ輝く笑顔、力強いダンスを間近で見せていただき感動201810佐野いずみしました。広報こうふ9月号で紹介の「次世代甲府大使」にも認定されました。世界の舞台で活躍する姿は、山梨・甲府の誇りでもあり、子どもから大人まで多くの人に夢や希望、感動を与えることでしょう。今後の活躍も目が離せないですね。

ページの先頭へ戻る