ホーム > まち・環境 > 環境 > 公害 > ごみの焼却(野焼き)は法律で禁止されています!

更新日:2016年3月11日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

ごみの焼却(野焼き)は法律で禁止されています!

概要

家庭や事業所でのごみ等廃棄物の焼却は、ダイオキシン発生の原因となるほか、煙や悪臭、灰により周辺の生活環境に多大な悪影響を与えることになるため、法律により厳しく禁止されています(下の例外事項を除く)。

なお、これに違反すると、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方に処せられること(法人には更に3億円以下の両罰規定)があります。

例外事項

  • 廃棄物処理基準に従った焼却炉での焼却
  • どんど焼きやお焚き上げなど地域行事・宗教行事での焼却
  • 農業者が行う稲わら・剪定枝などの焼却でやむを得ないもの
  • 暖をとるための焚き火など日常生活の中で通常行われる焼却で軽微なもの等

※これらの場合でも、煙や悪臭などで近隣の迷惑にならないように配慮してください。近隣住民から苦情が出た場合など、指導の対象となる場合があります。

関連法令等

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年12月25日法律第137号)(抜粋)

第16条の2 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
1 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却
2 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
3 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

第25条 次の各号のいずれかに該当する者は、5年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
1~14 省略
15 第16条の2の規定に違反して、廃棄物を焼却した者
16 省略

第32条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。
1 第25条第1項第1号から第4号まで、第12号、第14号若しくは第15号又は第2項 3億円以下の罰金刑

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年9月23日政令第300号)(抜粋)

第14条 法第16条の2第3号の政令で定める廃棄物の焼却は、次のとおりとする。
1 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
2 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
3 風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
4 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
5 たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの


 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

環境総室環境保全課公害係

〒400-0831 甲府市上町601番地4

電話番号:055-241-4312

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る