ホーム > まち・環境 > 環境 > 公害 > 焼却施設を設置する場合

更新日:2016年3月11日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

焼却施設を設置する場合

使用・設置基準

焼却設備(小型の事業用・家庭用焼却炉を含む)を設置・使用する場合は、次の構造を全て満たすことが必要です。

  1. 空気取入口及び先端以外に焼却設備内と外気とが接することなく、燃焼室において発生するガス(以下「燃焼ガス」という。)の温度が摂氏800度以上の状態で廃棄物を焼却できるものであること。
  2. 燃焼に必要な量の空気の通風が行われるものであること。
  3. 外気と遮断された状態で、定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することができるものであること(ガス化燃焼方式その他の構造上やむを得ないと認められる焼却設備の場合を除く)。(※)
  4. 燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定するための装置が設けられていること。
  5. 燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。

などの構造を備えていることが必要です。

(※)二重扉等により燃焼室が外気と遮断された状態を保ち、廃棄物の投入の際にも燃焼室の温度低下を防止することができるものをいいます。なお、構造上やむを得ないものと認められる焼却施設の場合はこの限りではありませんので、不明な場合は相談してください。

この規定は、小型の焼却炉を含む全ての焼却設備に適用されます(自己の事業所内の廃棄物を焼却する場合や家庭用の焼却炉も対象となります)。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

環境総室環境保全課公害係

〒400-0831 甲府市上町601番地4

電話番号:055-241-4312

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る