ホーム > まち・環境 > 建築・開発 > 建築基準法関連 > 法第42条第2項による道路(2項道路)

更新日:2016年6月14日

ここから本文です。

法第42条第2項による道路(2項道路)

2項道路の要件

2項道路は、基準時(昭和25年11月23日)に既に建築物が立ち並んでいた道で、一般の通行の用に供されているもの。かつ幅員が1.8メートル以上4メートル未満のものです。

幅4メートル未満の道路について

建築基準法では、本来4メートル以上の道路でなければ建築することが出来ません。これは火災の延焼をくい止めるため、地震などの災害時に支障なく避難できること、また、日当たりや風通しといった衛生上、子どもや高齢者等の交通弱者が安全に歩行できるなど最低限必要な道路の幅です。

しかし、4メートル未満の道でも、この法律ができる以前(昭和25年)から建物の立ち並んでいた道については、これを救済する目的で法42条第2項の規程が設けられています。
個人の敷地であっても、道路の中心線から2メートルのところ(反対側に川や崖がある場合は道が4メートルになるところ)が道路境界線と見なされます。これを「セットバック」と言って、この部分に建物や塀等を建てることができません。
また、この部分に塀や建物が建っている場合は、建物を建替えたり、増改築を行うときに撤去する必要があります。

2項道路のセットバック

1.一般的な場合

2項道路のセットバック(一般的)

2.敷地の対面に崖地、川等のある場合

2項道路のセットバック(崖地、川等)

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

まち開発室建築指導課

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎7階)

審査係:055-237-5824(直通)
指導係:055-237-5828(直通)
FAX:055-232-4834

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る