ホーム > まち・環境 > 建築・開発 > 建築に関する制度等 > アスベスト飛散防止対策事業

更新日:2016年12月5日

ここから本文です。

アスベスト飛散防止対策事業

甲府市では、民間建築物のアスベスト成分調査・除去工事の支援を行っています。

成分調査

建築物の吹付け建材について、アスベスト含有の有無に係る調査を行う場合、費用の全額(上限25万円)を補助します。

除去等工事

建築物に吹付けられているアスベストの除去等工事費用の一部を補助します。

また、次の建築物は補助対象外になります。

  • 5年以内に解体を予定しているもの
  • 建築基準法に基づく確認済証及び検査済証の写しが無いもの

詳しくは、こちらをご覧ください

申請書等は、こちらをご覧ください

アスベストとは

アスベスト(石綿)は、天然の繊維性の鉱物です。これが飛散し吸い込むことによりおおむね15年~50年の潜伏期をへて悪性中皮腫や肺ガン等を起こすことがあります。

建築物等の鉄骨部などの耐火被覆材、ボイラー室や空調機械室などの吸音・断熱材及び一般住宅の壁材等に含まれている場合があります。

吹付けアスベスト

吹付けアスベストとは、アスベストにセメント等と水を加え混合したものを吹付けたもので、吹付け後は灰色で綿状に見えます。
昭和31年頃から昭和50年までに建築された建物に使用されている可能性があります。
吹付け材の状況が、ひび割れなどがなく安定した状態では飛散の心配はありません。

吹き付けアスベストの写真

吹付けロックウール

吹付けアスベストとよく似た建材で、吹付けロックウールというものがあります。
昭和50年に吹付けアスベストが原則禁止となった以降は、吹付けロックウールに切り替わりましたが、昭和43年頃から昭和55年頃までアスベストを混ぜて使用していたものがあります。
また、平成元年頃までの「湿式の吹付けロックウール」にもアスベストが混入されている可能性があります。

一般住宅のアスベストを含む建材

アスベストを含む建材には、吹付け材の他に一般住宅の屋根材、壁材等としてアスベストを含んだセメント等を板状に固めたスレートボード等が使用されていることもあります。
これは成形加工してあるため、破損などがない状態では飛散の心配はありません。

アスベストに関する相談

建築物に関する相談

建築指導課
TEL:055-237-5828(直通)

健康被害に関する相談

中北保健福祉事務所健康支援課(太田町9-1)
TEL:055-237-1380

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まち開発室建築指導課

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎7階)

審査係:055-237-5824(直通)
指導係:055-237-5828(直通)
FAX:055-232-4834

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る