ホーム > くらし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 退職者医療制度

更新日:2016年3月18日

ここから本文です。

退職者医療制度

長い間勤めた会社などを退職して国保に加入している方のうち、老齢(退職)年金などを受けている人と、その扶養家族が対象となる制度です。
保険料額や医療費の自己負担割合は一般の被保険者と同じですが、医療費の公費負担分が被用者保険(社会保険・共済保険など)からの拠出金で賄われます。これにより、国保医療給付費が減り、間接的にみなさんの保険料の負担軽減が図られることになります。

※平成20年度医療制度改正に伴い、平成27年3月末で退職者医療制度は廃止となりました。ただし、すでに退職者医療制度に該当している方は65歳の年齢に到達するまで経過的に継続します。

退職者医療制度の方

退職被保険者(退職者本人)

次のすべての条件の方

  • (1)国民健康保険に加入している65歳未満の方
  • (2)厚生年金や共済年金等に20年以上加入し、老齢(退職)年金を受けている方、又は40歳以降の加入期間が10年以上あり通算老齢(退職)年金を受けている方

退職被扶養者(家族)

次のすべての条件の方

  • (1)国民健康保険に加入している65歳未満の方
  • (2)退職被保険者本人と同一世帯に属し、主として退職被保険者本人の収入により生計を維持している方
  • (3)退職被保険者の直系尊属、配偶者及びその他の三親等以内の親族並びに配偶者の父母及び子
  • (4)年間の収入が130万円(60歳以上の方、又は障がい者は180万円)未満の方

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室国民健康保険課保険料係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る