更新日:2016年4月1日

ここから本文です。

海外療養費

1.海外療養費とは

旅行等で海外に出かけた際に、病気やケガ等で医療機関にかかったときには、後期高齢者医療制度による医療を受けることかできません。
しかし、申請により日本国内と同様に後期高齢者医療が適用される場合があります。(治療目的の渡航等を除く)
この場合、海外の医療機関では医療費の全額を自己負担していただき、帰国後に請求手続きを行うことで、自己負担分を差し引いた部分を支給することになります(現金給付)。
ただし、疾病等の対象範囲は日本国内で認められている医療行為、保険診療の範囲に限られます。

2.申請時に必要なもの

  • 被保険者証 
  • パスポート(渡航した事実が確認できる書類) 
  • 診療内容明細書、領収明細書とその翻訳文(翻訳者の住所・氏名も記載、翻訳者の捺印も必要)
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 本人名義の銀行預金通帳又は口座番号等の控え

※海外医療機関で発行された証明書類が外国語で作成されている場合には、日本語の翻訳文を添付することが義務づけられています。
※日本国内での保険医療機関等で給付される場合を標準として支払われます。
※日本国内で保険適用となっていない医療行為は給付の対象になりません。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

長寿支援室高齢者福祉課医療係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る