更新日:2016年4月1日

ここから本文です。

特定疾病

1.特定疾病とは

厚生労働大臣が定める疾病(特定疾病)の認定を受けた方が申請をした場合「特定疾病療養受療証」が交付されます。
この「特定疾病療養受療証」は「被保険者証」と併せて医療機関に提出していただきますと、医療機関ごとに支払う一部負担金の1か月の限度額が10,000円となるものです。(保険診療外のものは別途負担していただきます。)

2.対象者

後期高齢者医療被保険者で、次の特定疾病の治療を受けている方

慢性腎不全

人工透析を実施している慢性腎不全

血友病

血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害または第9因子障害

後天性免疫不全症候群

抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群

3.申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 申請書(市役所窓口にあります)
  • 医師の意見書(既に健康保険等で「特定疾病療養受療証」が発行されている方や健康保険へ提出した「医師の意見書」がある場合はそちらをお持ちください)

4.適用日

原則、申請をいただいた月の初日から適用になります。

ただし、年齢到達、県外からの転入、障害認定等の場合は資格取得日からの適用になります。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

長寿支援室高齢者福祉課医療係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る