ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 農地法第3条による農地の権利取得に係る下限面積の設定について

更新日:2016年3月30日

ここから本文です。

農地法第3条による農地の権利取得に係る下限面積の設定について

地法第3条に規定されている下限面積については、平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部又は一部につき、これらの面積の範囲内で別段の面積を定め、農林水産省令で定めるところにより、これを公示したときは、その面積を下限の面積として設定できることになりました。また、農業委員会は毎年下限面積(別段の面積)の設定又は修正の必要性について審議することとなっております。

府市農業委員会の下限面積は次のとおりです。

区域

下限面積

(農地法第3条第2項第5号かっこ書の別段の面積)

 

旧能泉村、旧宮本村及び旧上九一色村の区域

 

20アール

その他の区域

 

30アール

 

方針

地法施行規則第20条第1項を適用し、旧能泉村・宮本村・上九一色村の区域については、現行の下限面積(別段の面積)20アールを据え置き、旧能泉村・宮本村・上九一色村以外の区域については、現行の下限面積(別段の面積)30アールを据え置

理由

2015年に行われた直近の農林業センサスにおいて、旧能泉村・宮本村の区域及び旧上九一色村区域では20アール未満の農家数が区域内全農家数の4割を超え、旧能泉村・宮本村・上九一色村以外の区域では30アール未満の農家数が区域内全農家数の4割を超えたため。

下限面積

地法による下限面積とは、農地を所有権移転または貸借により権利取得する際、その面積以上耕作地を保有していなければならない下限の面積です。なお、下限面積は今回取得または借り入れしようとする面積も合算しての数値として取り扱います。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

農業委員会事務局農地係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎8階)

電話番号:055-237-5892

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る