更新日:2015年2月17日

ここから本文です。

高室家住宅(たかむろけじゅうたく)

高室氏は、甲斐源氏一族で小笠原氏を名乗っており、巨摩郡曲輪田(現:南アルプス市)に居を構えていました。
享禄4(1531)年に、武田信虎の命によって、現在の高室町の地を与えられ、高室姓に改姓したと伝えられています。

江戸時代初期には、明(中国)の帰化医師から医術を学び、以後、医業と製薬業を家業とし、享保9(1724)年に甲府藩が廃藩し、天領となったのちには、甲府勤番の医師を務めた家柄です。

その屋敷である高室家住宅は、約5,000平方メートルにおよぶ広大な敷地に、主屋を中心として、離れ文庫倉(ぶんこぐら)、新蔵、前蔵、籾蔵(もみぐら)、味噌(みそ)蔵、長屋門、弁財天堂などの諸建物が機能的に配置され、周囲は水路や土塀、土塁がめぐっています。

高室家住宅

主屋は天明8(1788)年の建築で、入母屋造の茅葺(かやぶ)き、棟の中央に煙出(けむりだし)を設け、正面の中央西寄りには明治3年に玄関が増築されました。広い土間とたくさんの部屋がある大型住居(18.4×9.1m)で、薬の調合所、薬戸棚、薬種原料の保管場所とした屋根裏状の2階部屋など、近世における医薬の施設を現在に伝える希少な例です。

江戸時代を中心として明治時代まで整えられた屋敷構えには、接客や祭祀(さいし)など往時の暮らしと密接に関連する建物群と、東に隣接して薬草園が広がっており、中世までさかのぼると推定される屋敷割の姿を良好に残しています。

  • 区分…国指定文化財(建築)
  • 指定年月日…平成22年12月24日
  • 場所…高室町754番地1

※個人所有のため公開していません

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る