ホーム > いきいきライフ > かめじぃのこうふのツボ > 歴史 > 「新撰組」近藤勇は甲府城を狙っていた!

更新日:2016年8月26日

ここから本文です。

「新撰組」近藤勇は甲府城を狙っていた!

幕末、京のまちを舞台に活躍した武士集団「新撰組」。その新撰組が、局長・近藤勇を中心に、甲府城を押さえようと奔走したことがあります。

新撰組は慶応4(1868)年、鳥羽伏見の戦いで敗れた幕府軍とともに大阪から江戸へ入りました。

江戸へ入った新撰組は、当時、幕府直轄領であり、江戸城の西を守る要の城として重要視されていた甲府城を押さえるため、甲陽鎮撫隊と名を変え、甲府に向かいます。

しかし、部隊が勝沼辺りまで進出したとき、すでに甲府城は板垣退助率いる新政府軍に接収されていました。甲陽鎮撫隊の勝沼到着は、新政府軍の甲府城接収に遅れることわずか1日だったと言われています。

甲陽鎮撫隊と新政府軍は勝沼で激突しますが、兵の数で圧倒的に不利だった甲陽鎮撫隊はあっけなく敗れ、江戸に逃げ帰ります。その後、近藤は、京の時代からの同士である長倉・原田などの新撰組隊士と離別することから、この戦いは新撰組としての最後の戦いだと言われています。

もし、甲陽鎮撫隊の到着があと1日早ければ、甲府はもちろん、日本の歴史は少し変わっていたかも知れませんね。

お問い合わせ

都市戦略室シティプロモーション課広報係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る