ホーム > いきいきライフ > かめじぃのこうふのツボ > その他 > 荒川から生まれた県内初のプール!

更新日:2016年8月26日

ここから本文です。

荒川から生まれた県内初のプール!

甲府市民の生活の支えである荒川。昔から人びとに馴染み深いもので、まだプールのない時代、荒川で泳いだり、釣りをしたりするのが子どもたちの楽しみでした。

荒川を利用するのに必要だったといわれる鑑札

しかし、子どもたちだけの川遊びや水泳は危険が多かったため、大正14年に県内初のプールが飯田町(現在の県立飯田野球場の南側)に誕生しました。このプールは、大正11年から計画されていましたが、関東大震災やさまざまな障害により、完成までに4年もの歳月がかかりました。その間、京都や東京などへ視察員を送り、設計するうえでの参考としたり、市民に寄付を呼びかけたりと、プールの完成に向け、大変な苦労があったようです。

完成当時、プールに使用する水は荒川から引いていました。県内初のプールは、荒川から生まれたんですね。

夏になると、横須賀海兵団から競泳の選手が招かれ、子どもたちへの水泳の指導や、競泳大会も開催されるなど、多くの人が集う賑わいの場になっていきました。戦争で一時期、閉鎖になっていたこともありましたが、終戦を迎えると再開し、昭和30年ごろまで栄えたということです。

事故の心配もなく、安心して安全に遊べるこの場所は、たくさんの人びとから親しまれたことでしょう。

大勢の人で賑わうプールの様子(甲府物語より)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る