ホーム > いきいきライフ > かめじぃのこうふのツボ > その他 > 市立動物園のゾウ「てる」

更新日:2016年8月26日

ここから本文です。

市立動物園のゾウ「てる」

現在、市立動物園にいるアジアゾウの「てる」は、昭和55年にラオスの動物園からやってきました。

先代のゾウが死亡し、子どもたちが寂しがっていたところ、「ゾウの購入費に」と市内在住の市橋源之助さんが市に300万円の寄付をしたことから、購入の動きが活発化。そして、約2年ぶりに2頭の子ゾウが来園しました。

小ゾウは、人でいえば乳幼児にあたる8か月と1歳のかわいい女の子。
久しぶりのゾウのお目見えに、動物園は連日、県内外からの親子連れなどで大変にぎわったそうです。
当初は1頭だけを購入する予定でしたが、「ゾウさんを離ればなれにしないで…」「一緒に住まわせてあげて…」という子どもたちの熱心な声が多く、市では2頭とも購入することにしました。

2頭のうち大きい方のゾウは、寄付をした市橋さんの意向により、亡母「てるよ」さんの名前から「てる」と、もう1頭は一般公募の5人の小学生により「みみ」と名づけられました。


画像:昭和55年、命名式の様子

 

来園年

名前
初代 昭和元年 名前不明
2代目 昭和26年 名前不明
3代目 昭和29年(タイから) ゆり子
4代目 昭和45年(大阪万博から) 万(ばん)
5代目 昭和55年(ラオスから)

てる
みみ

表:市立動物園歴代のゾウ

「みみ」は平成12年に死んでしまいましたが、「てる」は今も元気。
動物園に入るとすぐ、私たちを出迎えてくれますよ。


画像:現在(平成24年)のてる

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る