ホーム > いきいきライフ > かめじぃのこうふのツボ > その他 > 甲府のシンボルだった噴水塔

更新日:2016年8月29日

ここから本文です。

甲府のシンボルだった噴水塔

かつて、甲府駅南口のロータリーにあった噴水塔。懐かしく思う方も多いのではないでしょうか?

噴水塔は水晶を模したもので、直径15mの池と幅5mの緑地帯に囲まれていました。
噴水の部分は、光学ガラスで作られた、水晶を模造したものがいくつも積み重なり、高さは2.7m。
そこから高さ7.5mまで水を噴射、さらに池から噴水塔に向かって、12の小さい噴水が噴射されていました。

噴水塔1噴水塔2
画像:昭和41年ごろの様子。現在のバス乗降場の南西側辺りにありました。

実はこの噴水塔は、ある電気メーカーが会社の宣伝用に計画したものでした。
その後、市に寄贈されることになり、昭和35年10月17日の市制祭の日にお披露目となったのです。

噴水塔の総工費は、なんと当時で800万円!とても豪華なものでした。
また、噴水塔の内部には、20ワットの黄色や白色の照明灯が6個付けられ、夜にはライトアップも。
甲府の夜景の1つとしても親しまれていました。

噴水塔3
画像:ライトアップした噴水塔

しかし、かいじ国体(昭和61年)に伴う駅前整備事業により、昭和60年に噴水塔は姿を消しました。
「宝石の街甲府」のシンボルとして25年間、多くの市民や観光客の目を楽しませてくれたのです。

ちなみに、信玄公像はかつて噴水塔の南側にありました。
信玄公像も駅前整備に伴って、現在の場所に移設されたのです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る