ホーム > いきいきライフ > かめじぃのこうふのツボ > 歴史 > 湯村山にお城があった!?

更新日:2016年8月29日

ここから本文です。

湯村山にお城があった!?

湯村東部に位置する湯村山(標高446m)は、緑が丘スポーツ公園北西から遊歩道を行くと、約30分で頂上にたどり着くことができます。

中世戦国期、躑躅(つつじ)ヶ崎に居館を移した武田信虎が、甲斐国府中の統治を強固なものとするため、大永3(1523)年、湯村山の山頂にも山城を築きました。

この「湯村山城」は、甲府盆地一帯を見渡すのに適した立地を活かして、監視や情報収集といった役割を担い、緊急時の迅速な情報伝達を行うための烽火(のろし)台も設置されていました。

湯村山城の遺構は、現在あずまやがある山頂部分を中心に、東西約65m、南北約130mの範囲で見ることができます。
主に、山頂南側の一の郭(くるわ)(壁や堀などで仕切られた城内の区画)と二の郭で構成されていて、これらの北側にある堀切を挟んで、三の郭が配されています。山頂部分では、土塁や石積み、かつて使用されていた井戸など、当時の面影を垣間見ることができます。

湯村山には、古墳も複数存在します。これらは礫(れき)を積み上げて造られていることから「積石(つみいし)塚」と呼ばれています。

烽火台
画像:山頂付近にある復元された烽火台
けむりを用いた情報伝達方法は、古代中国にそのルーツがあり、武田家は、躑躅ヶ崎館を中心に、主要幹線沿いに烽火台を整備したといわれています。

井戸の跡
画像:一の郭で見ることができる井戸の跡

湯村山1号墳
画像:遊歩道沿いから見られる湯村山1号墳
直径15m、高さ3m。
墳丘は一部が削られ、天井石が露出しています。

お問い合わせ

都市戦略室シティプロモーション課広報係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る