更新日:2016年8月29日

ここから本文です。

エル西銀座の十二支像

市中央商店街にあるエル西銀座の通りでは、かわいい動物たちが訪れる人をお出迎えしています。
(商店街の愛称・エル西銀座の「エル」は「Large(大きい)」、「Love(愛)」、「Life(人生)」の頭文字から取ったそうです。)

昭和62年、エル西銀座の道路改修工事に伴い、魅力ある商店街にしようと、周辺の商店主や住人の方たちが設置した十二支の像です。
県外への視察や協議を重ね、さまざまな意見が出た中で、「子どもから大人まで幅広い世代に親しみのあるものを」という理由から、十二支の像が選ばれました。

銅像はただ動物を形作っているだけでなく、それぞれに趣向が凝らされています。
銅像の台座には、その動物にまつわる豆知識やミニクイズなども書かれています。
また、毎年その年の干支には正月飾りが飾り付けられるそうです。

エル西銀座
画像:エル西銀座西側から。約100mの道路沿いに12体あり、そのうち東西にある4体はやや高いところに飾られています。

トラ
画像:トラ

ウマ
画像:ウマ

ウサギ
画像:ウサギはバッグから顔をひょっこりと。

サル
画像:サルは頭にタオルを載せてカップでひとっ風呂!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?