ホーム > くらし > 選挙 > 明るい選挙の推進 > 選挙まめ知識

更新日:2017年3月13日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

選挙まめ知識

供託金

町村議会議員を除くすべての選挙において、候補者は法で定められた一定の金額または、これに相当する額面の国債証書を供託しなければなりません。
これは、真に当選を争う意思のない候補者の乱立を防止する目的で制度化されたものです。
供託金は、得票数が法で規定する数(供託物没収点)に達しなかったときは没収されます。

◆供託の額および没収点

選挙の種類

供託額

供託物没収点

衆議院小選挙区

300万円

有効投票総数×10分の1未満

参議院選挙区

300万円

有効投票総数÷その選挙区の議員定数×8分の1未満

都道府県知事

300万円

有効投票総数×10分の1未満

都道府県の議会議員

60万円

有効投票総数÷その選挙区の議員定数×10分の1未満

指定都市以外の長

100万円

有効投票総数×10分の1未満

指定都市以外の議会議員

30万円

有効投票総数÷その選挙区の議員定数×10分の1未満

投票立会人

投票立会人とは、投票管理者のもと、投票事務の公平を確保するために、公益代表として、投票事務に立ち会う重要な役割を果たす人です。
投票事務が公正かつ適切に行われるよう、投票管理者に意見を述べるなど積極的な協力が求められます。また、できる限り投票所の外には出ず、やむを得ず外に出る場合は2名以上が同時に席を空けることがないよう努める必要があります。
公益代表の職務上、病気などの正当な理由がある場合を除き、辞職することはできません。

◆主な仕事

投票手続の全般に立ち会います。

  • 投票所の開閉に立ち会う。
  • 投票が始まる前に、投票所内にいる選挙人の面前で投票箱を開き、中に何も入ってないことの確認に立ち会う。
  • 選挙人名簿との照合に立ち会う。
  • 投票用紙の交付に立ち会う。
  • 不在者投票や在外投票の投函に立ち会う。
  • 投票箱の開閉に立ち会う。

投票管理者に意見を述べます。

  • 投票を拒否することについて意見を求められたとき。
  • 代理投票補助者の選任について意見を求められたとき。
  • 不在者投票を受理するかについて意見を求められたとき。
  • 選挙人が投票を拒否されたことに異議があるとき。

ドント式

ドント式とは、ベルギーのビクトル・ドントが考案し、わが国の比例代表選挙において採用されている比例計算方式です。

《ドント式の計算例》
定数が6人で、投票の結果、各政党の得票数がA党4,200票、B党3,200票、C党2000票の場合、当選者は次のように決められます。

名簿届出政党

A党

B党

C党

名簿登載者数

4人

3人

2人

得票総数

4,200票

3,200票

2,000票

計算した結果

1で割る

(1)4,200

(2)3,200

(4)2,000

2で割る

(3)2,100

(5)1,600

1,000

3で割る

(6)1,400

1,066.7

666.6

4で割る

1,050

800

500

当選人数

3人

2人

1人

 

  1. 各政党の得票総数を1,2,3,,,の整数で割ります。
  2. 一人当たりの得票数が多い順(割り算の答えの大きい順)に、各政党の議席が配分され当選人数が決まります。
  3. 【衆議院の場合】:各政党が定めた当選人となるべき順位により、当選人が決まります。
    【参議院の場合】:候補者の得票数の多い順により、当選人が決まります。

憲法改正国民投票

国民投票とは、私たちが憲法改正に関して最終的な意思決定をするものであり、そのための具体的な手続きを定めた法律が、『日本国憲法の改正手続きに関する法律(憲法改正国民投票法)』です。

ながれ

  1. 国会議員による憲法改正案の原案の提案。
  2. 衆参各議院における憲法審査会での審査。
  3. 両院それぞれの本会議にて3分の2以上の賛成で可決した場合、国会が憲法改正の発議を行い、国民に提案したものとされます。憲法改正の発議をした日から起算して60日以後180日以内において、国会の議決した期日に『国民投票』が行われます。
  4. 憲法改正案に対する賛成の投票の数が投票総数(賛成の投票数と反対投票数を合計した数)の2分の1を超えた場合は、国民の承認があったものとなります。

国民投票の投票権は、年齢満18歳以上の日本国民が有することとされています。
ただし、投票日が平成30年6月20日までの国民投票においては、年齢満20歳以上の者が投票権を有することになります。

得票数に小数点って!?

開票結果に「.444」なんて小数点のついた票数をみたことがあると思います。
これは例えば、山田A子さんと、山田B太さんという同姓の候補者がいるのに、「山田」と名字しか書いていない票があった場合におこります。
2人の山田さんの得票数に応じて1票を分けるので小数がつくのです。

得票が同数だったら!?

得票数が同じ場合、どうやって当選者を決めるのでしょう?実際にそういうことがありました。2003年4月、愛知県の渥美町(現・田原市)議会議員選挙です。最後の議席を巡り412票で並んでしまった2人の候補。その時、行われたのは……
くじびきです!得票数が同じ場合は法律で「くじ」で決めることになっているのです。

白ばら

記録によると、明治時代に原敬や犬養毅などの国会議員が「白ばら」をつけて登院したといわれています。また、普通選挙推進運動者が胸に「白ばら」をつけて民主主義確立のため奮闘したそうです。その後の選挙粛正運動においては、使用された記録はありませんが、戦後に至って、昭和30年11月15日の普通選挙30周年、婦人参政10周年記念祝典のシンボルに使用されました。以来、明るい選挙の象徴として、この花が用いられることが多くなり、「白ばら」の持つ清楚な感じが明るい選挙の目標の一つである「清潔さ」を象徴するものとして、現在では一般的に広く使われています。

白ばら

選挙のシンボル「めいすい君」!

明るい選挙のシンボル「めいすい君」、その体は投票箱、目は未来をみつめ、色は明るい太陽をイメージした黄金です。

めいすい君「表」めいすい君「裏」

 

 

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局管理係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎4階)

電話番号:055-223-7361

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る