ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市のプロフィール > 甲府市市民憲章 > 教養を高め、文化のまちをつくります(解説)

更新日:2014年8月19日

ここから本文です。

教養を高め、文化のまちをつくります(解説)

(本文)

1 教養を高め、文化のまちをつくります。
-文化のまち 甲府-

(趣旨)

よりよいまちづくりも、その成否は人の問題となります。大人のわたくしたちは子どもに負けずに勉強しなければなりません。

わたくしたちは、つねに心がけて知性をみがき、品性を高め、情操をゆたかにすることに努めましょう。目先きの利害に追われがちな、せちからい世の中であればあるほど、さっと心を洗ってくれる清風がほしいものです。いろいろの文化に正しい理解をもって親しみ、ものわかりのよい、ゆたかな心の持ち主となりましょう。
教養の高い市民によってこそ、文化的都市がきづかれるのです。

(実践内容例)

  • 教養を高めるために、テレビ・ラジオ・新聞などを役立てましょう。
  • 読書に親しみ、読書会をつくって話し合いましょう。
  • 子どものために、よい遊び場をつくってやりましょう。
  • 勤労青少年のために、よい学習の場をつくってやりましょう。
  • 衣食住の流行に対し、正しい批判力を養いましょう。
  • 文学・美術・音楽などに親しみましょう。
  • 宗教への関心を高め、正しい理解を持ちましょう。
  • 文化財を大切にしましょう。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室総務課庶務係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎4階)

電話番号:055-237-5294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る