更新日:2019年6月17日

ここから本文です。

本人確認書類

平成20年5月1日より、住民基本台帳法・戸籍法の一部改正に伴い、市役所市民課や各窓口センターで住民票・戸籍などの証明書を交付請求される際には、本人(窓口に来られた方)の確認を行いますので、本人確認書類の提示をお願いいたします。
また、住民票につきましては、同一世帯以外の方(代理人)が請求する際には、委任状が必要になりますので本人確認書類(窓口に来られた方)と併せて用意をお願いいたします。
戸籍の届出および住民異動届の際にも本人確認をさせていただきます。
本人になりすました不正な交付請求を防ぐとともに、皆様の大切な個人情報を守るため実施しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

本人確認書類の提示が必要な証明請求

  • 住民票の写し(謄本・抄本)
  • 住民票の除票の写し(謄本・抄本)
  • 住民票の記載事項証明書
  • 戸籍全部事項証明(戸籍謄本)/個人事項証明(戸籍抄本)
  • 除籍全部事項証明(除籍謄本)/除籍個人事項証明(除籍抄本)
  • 改製原戸籍謄本・抄本
  • 戸籍の附票
  • 戸籍届受理証明書
  • 戸籍記載事項証明書
  • 身分証明書

本人確認書類となるもの

1点提示でよいもの

運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付き)、在留カードなど
国もしくは地方公共団体の機関が発行した資格証及び証明書(顔写真の貼付されたもの。)
(いずれも有効期限内のものに限る)

2点以上必要となるもの

A康保険証、年金手帳、高齢受給者証、介護保険被保険者証など法律の規定により国又は地方団体の機関が、発行したのもの。

B員証・学生証(顔写真付き)など国又は地方公共団体の機関以外で発行したのもの、本人名義の預金通帳、キャッシュカード、クレジットカードなど(取得時に本人確認を行い、かつ改ざん防止の措置を施したもの)

(いずれも有効期限内のものに限る)

注意:Aのみ2点またはAとBの2点による組み合わせとなります(戸籍に関する証明書はAとBの組み合わせは不可)。

※住民票の写しや戸籍謄抄本は本人確認書類として認められません。
※上記のいずれの書類もお持ちでない方や詳しい内容につきましては、市民課までお問い合わせください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室市民課受付係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5337

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る