ホーム > くらし > 動物 > ペット > 犬を飼うときは

更新日:2017年1月4日

ここから本文です。

犬を飼うときは

登録と予防接種をしましょう

生後91日以上の飼い犬は、登録と予防接種をしなければなりません。

狂犬病予防の集合注射は、毎年4~5月に行います。それ以後に生まれた犬や、都合で受けられなかった場合は、獣医師のところで受けてください。

料金…新規登録犬・6,500円、登録済犬・3,500円

また、転入、転出などで登録事項に変更があった場合や、登録内容(住所、所有者等)に変更がある場合は、変更手続きが必要です。

なお、飼い犬が死亡した場合も必ず環境部収集課までご連絡ください。

 

 

※人が狂犬病にかかった場合の致死率は100パーセントです。世界ではまだ根絶されておらず、国内の感染を防ぐには予防注射が不可欠です。

 

マナーを守り、責任と愛情を持って最後まで飼いましょう

ふんの後始末は必ずしましょう。

犬を散歩させるときは、回収容器などを携行してふんを持ち帰り、適正に処理しましょう。

放し飼いはやめましょう。

犬は必ずつないで飼いましょう。また、散歩するときは、引き綱をつけてしっかり制御しましょう。

犬のカット

散歩の際のフンの回収は、甲府市環境保全条例で義務付けられています。

 

環境保全条例(別サイトへリンク)

 

犬に対するタバコの影響にも配慮しましょう。

タバコの副流煙は人だけでなく、一緒に暮らす犬の健康にも悪影響を与える可能性があります。

受動喫煙の害に気をつけてください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

廃棄物対策室収集課収集衛生係

〒400-0831 甲府市上町601番地4

電話番号:055-241-4313

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る