ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > みらい協創研究会

更新日:2018年11月12日

ここから本文です。

みらい協創研究会

趣旨

みらい協創研究会我が国全体が、本格的な少子高齢・人口減少社会を迎える中、地方圏の地方自治体は、若者人口の定着をはじめ、魅力ある雇用機会の創出・確保、大規模自然災害対策、都市インフラの更新、さらには国際化や社会の成熟化(価値観の変容等)への対応など、急速な時代の変化を背景とした多くの課題に直面しています。

そして、こうした課題を地域全体で真摯に受け止め、早期に適時・適切な対応を図っていくことが、今後における地域全体の空洞化(人口や産業など)リスクを回避し、地域の活力を維持・発展させる重要な要素と言えます。

そのためには、上述の危機感や問題意識を、広く産学公民の各分野が共有し強く認識しながら、各々の「知」を持ち寄り総動員する中で、協働して関連する政策の形成とその実現に努めていくことが必要です。

「みらい協創研究会」は、こうした基本的な視点を踏まえ、地域に広く有為な人材を求め、多様な価値を相互に共有する対等な協働関係を機軸としながら、地域の発展に資する政策・戦略オプションの形成に係る先導的な研究を、産学公民連携により共同して取り組む体制として設置するものです。

構成団体(順不同)

山梨市・韮崎市・南アルプス市・北杜市・甲斐市・笛吹市・甲州市・中央市・昭和町
株式会社山梨中央銀行・甲府信用金庫・国立大学法人山梨大学・甲府市

トピックス

平成30年10月13日:みらい協創研究会第1回公開セミナーを開催

テーマ:「生活空間の実像と自治体連携あり方~地域の持続的発展ために~」
会場:山梨県防災新館/やまなしプラザ/オープンスクエア
【添付資料】みらい協創研究会第1回公開セミナー・レポート(PDF:669KB)

平成30年4月27日:みらい協創研究会第一期研究がスタート

研究課題:多様な圏域形成の現状と今後の課題
研究期間:平成30年4月27日から平成31年12月28日までの20ヶ月間
【添付資料】第1期研究計画(概要)(PDF:167KB)

平成29年11月10日:みらい協創研究会の設置

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市戦略室都市戦略課都市戦略係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5328

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る