ここから本文です。

更新日:2019年1月22日

大神宮祭

2月3日の節分には各地で大神宮祭が開かれています。甲府でも盆地に春の訪れを告げるおまつりとして、古くから「大神(だいじん)さん」と呼ばれ、親しまれています。

横近習(よこきんじゅ)大神宮、柳町大神宮では豆まきも行われ、夕方から夜遅くまで、商売繁盛・家内安全などを願うたくさんの人々でにぎわいます。

沿道にはだるまや熊手などの縁起物をはじめ、切りざんしょう、飴などを売る露店もたくさん立ち並びます。

日時:2月3日 夕方から

日程 時間は目安ですので時間に余裕をもってお越しください。

【御朱印】

10:00~21:00

【お神輿】

15:00~17:00 柳町大神宮を出発し横近習大神宮で折り返します。

【神字】

18:00~18:30 神前にて祝詞を奏上、玉串奉奠。

【豆撒き】

18:30~20:30 15~20分間隔で6回行います。

 

場所:横近習大神宮(中央2丁目)、柳町大神宮(中央4丁目)

大神宮祭マップ(別サイトへリンク)

交通規制について

※お祭り当日は会場周辺で交通規制がございます。

規制区域及びその周辺道路への駐車は一切できませんのでご注意ください。

交通規制(PDF:358KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。