背景写真:昭和20年、甲府空襲で焦土と化した市中心街/戦後、運行を再開した山梨交通電車(ボロ電)/昭和32年、富士川小学校で遊ぶ子どもたち/現在の甲府駅前
ホーム 甲府市のあゆみ 甲府市の概要 記念式典 記念事業


甲府市のあゆみ


明治・大正
昭和(戦前)
昭和(戦後)
平 成


明治22年 7月 甲府市制施行。町村に町村制を施行

現在、法人会館がある場所に開設された初代の庁舎。琢美小学校とともに県内最古の梁木学校校舎(明治7年建築)を使用した。


明治35年に、現在、総合市民会館がある場所に移転、新築した甲府商業学校。ロマネスク調の正門が特徴だった。


明治36年に開業した甲府駅。祝賀アーチには若尾逸平市長(初代)の「祝開通」の書が掲げられている。


明治36年、初めて甲府にやってきた蒸気機関車(英国製B型40号)。平等川鉄橋で路線の点検作業をしているところ。


明治最大のイベント「一府九県連合共進会」。会場となった舞鶴(城)公園にはハリボテの天守閣、パリの凱旋門をイメージしたといわれるイルミネーション付きの正面ゲートが登場した。


大正4年、相生町(現 中央1丁目、甲府商工会議所の斜め前辺り)に移転、新築した2代目の庁舎。甲府空襲で焼失した。


大正期の市中心街の街並み。甲府城跡からの眺め。


大正初期、八日町(現 中央3丁目)の商店前に整列した商店街大売出しパレードの人たち。手前は馬車鉄道の軌道。


大正14年、昇仙峡入口に完成した長潭(ながとろ)橋に群がる人たち。
8月 県会議事堂で第1回市会開会
10月 市役所開庁(戸長役場:柳町72番地)
23年 3月 内務大臣、市会解散を命令
7月 蓄音機初めて甲府に入る
8月 桜町に桜座開設
24年 8月 県下に郡制を施行
10月 本県に県制を施行
有志により初めて市制記念祭を挙行
25年 2月 若尾逸平氏ら甲府商工談話会(現 甲府商工会議所)を組織
10月 市費により初めて市制祭を挙行
樋口一葉、春日野しか子の筆名で『甲陽新報』に「経づくえ」を連載
26年 2月 甲府郵便電信局、小包郵便の取り扱いを開始
11月 甲府電灯会社創立委員会結成
27年 1月 天然痘、市内に蔓延
8月 県立甲府測候所(現 甲府地方気象台)西青沼に創立
10月 甲府米穀取引所開設(甲府が県内における物資流通の中心としての地位を確立)
29年 9月 県下が大水害に見舞われる
12月 中央線、甲府−八王子間 着工
30年 6月 甲府魚市場開業式
11月 桜座で活動大写真を初公開
31年 1月 山梨農工銀行(のち日本勧業銀行甲府支店)創立
5月 山梨馬車鉄道、甲府−勝沼間 営業開始
32年 5月 伝染病患者専門の市立愛宕病院を元紺屋町に建設(収容は33年から)
甲府電力株式会社創立
11月 県内で野球始まる
33年 4月 甲府中学校、新築落成
5月 甲府電力株式会社開業。市内に初めて電灯が灯る
6月 塵芥集積焼却地を市内6か所に設置
10月 山梨教育会附属図書館、錦町に設立
34年 4月 市立甲府商業学校が相生教場で開校
火葬場、愛宕町に設置
8月 中央線、新宿−上野原間 開通
35年 7月 中央線、笹子隧道貫通
8月 市立甲府商業学校、東青沼町に新校舎落成移転、文部大臣の認可を受け専修科を設置
36年 3月 赤塗りポスト、錦町と柳町2丁目十字路に設置
6月 中央線、甲府−八王子間 開通。甲府駅開業
12月 中央線、甲府−韮崎間 開通
37年 1月 市内で左側通行実施
4月 甲府城跡を開放して舞鶴公園とする
38年 3月 東京−甲府間 電話開通
10月 市初の消火用蒸気ポンプ1台を購入
39年 10月 市徽章・市旗を制定
一府九県連合共進会、舞鶴公園で開催
県内初の機山館(公会堂)甲府城跡に竣工
市内電話開通
12月 山梨馬車鉄道会社を山梨軽便鉄道会社と改称、甲府−鰍沢、甲府−石和間を運転
40年 2月 初の公衆電話、甲府停車場構内に設置
41年 4月 『山梨毎日新聞』創刊(のち『山梨日日新聞』に統合)
7月 甲府電力株式会社、西青沼町に火力発電所竣工
42年 1月 甲府運輸事務所設置
2月 甲府商業会議所設立
11月 上水道敷設起工式を挙行
43年 12月 甲府瓦斯会社創立
44年 5月 中央線、新宿−名古屋間 全通
8月 県内初の活動写真常設館(映画館)「甲府館」春日町に誕生
11月 山梨教育会附属図書館、甲府城跡内に新築落成
45年・
大正元年
3月 皇太子殿下(大正天皇)本県行啓
7月 明治天皇崩御、大正と改元
2年 1月 上水道給水開始
11月 魚市場新築落成式を挙行
4年 4月 甲府消防協会発会
10月 市役所新庁舎、相生町に竣工。市制祭にあわせて落成式を挙行
5年 5月 甲府地方裁判所竣工
6年 2月 甲府(練兵場)に飛行機初めて飛来
4月 市立甲府工芸学校(現 県立甲府工業高校)工町に開校
6月 山梨自動車運輸株式会社、泉町に設立。甲府−小笠原経由倉庫町(現 南アルプス市飯野)間の一般乗合自動車の定期運行開始
7年 1月 市の人口5万人を超す
7月 甲府食品市場、錦町に開場
10月 市制30周年記念甲府勧業共進会開催
8年 2月 甲府電力・甲府瓦斯会社合併
4月 武田神社、武田氏館跡に創建。武田二十四将騎馬行列始まる
8月 遊亀公園内に附属動物園(市立)開園
9年 9月 甲府職業紹介所、市役所内に設置
10月 第1回国勢調査実施
10年 百石町・朝日町・深町に市営住宅建設着手
11年 9月 舞鶴公園で恩賜林謝恩碑(謝恩塔)除幕式
10月 東宮殿下(昭和天皇)ご来甲、御岳昇仙峡をご探勝
12年 3月 御岳昇仙峡、名勝に指定される
9月 関東大震災、市内で死者4人、住宅全壊26戸
10月 県内初の百貨店、松林軒デパート開業
13年 3月 甲府駅全焼
7月 全国でメートル法実施
8月 甲府−昇仙峡間探勝道路完成
11月 甲府中学校(現 県立甲府第一高校)で第1回強行遠足実施
14年 7月 県内初の飯田町プールが完成
12月 昇仙峡長潭橋開通式を挙行
15年・
昭和元年
2月 中央線、酒折駅開業
4月 柳町に県下初の鉄筋コンクリート建ての甲府商業会議所ビル完成
9月 甲府勧業博覧会開催(第一会場:舞鶴公園、第二会場:遊亀公園)
11月 甲府通俗図書館(現 市立図書館)開館(閲覧開始は12月〜)
12月 大正天皇崩御、昭和と改元


▲このページのトップへ
Copyright (R) City of Kofu All rights reserved