ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 埋蔵文化財包蔵地の確認について(※新型コロナウイルス感染予防のお願い)

更新日:2021年6月16日

ここから本文です。

埋蔵文化財包蔵地の確認について(※新型コロナウイルス感染予防のお願い)

甲府市内で建築・土木工事等を計画されている方は、埋蔵文化財の保存に配慮した工事の計画と施工をお願いします。以下の手順をふまえて手続きをお願いいたします。

1.事前照会

最初に、開発予定地が「埋蔵文化財包蔵地」に該当するかの照会をしてください。
照会は、歴史文化財課の窓口(※(1))またはファクス(※(2))で行っています。

※(1)窓口での照会について

甲府市役所本庁舎9階の歴史文化財課文化財保護係までお越しください。
 【お願い】新型コロナウイルスの感染予防のため、できるだけファクスでの照会をお願いいたします。

※(2)ファクスでの照会について

対象地がわかる地図を添付し、地番・連絡先等をご記入ください。または、次の照会文書をお使いください。
★照会文書はこちら(エクセル:21KB)

★ファクス番号055-235-5648(お手数ですが、ファクス送信後、歴史文化財課文化財保護係まで連絡をお願いいたします。電話番号055-223-7324)

なお、ホームページに掲載のある遺跡分布図は確認の目安であるため、確認は歴史文化財課への照会をお願いいたします。

2.埋蔵文化財包蔵地に該当する場合

埋蔵文化財発掘届の提出

埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等を行う場合、文化財保護法第93条の規定により、事業者は工事着手の60日前までに「埋蔵文化財発掘の届出」を県あてに提出します。届出はホームページ内にある様式をダウンロードしお使いいただき、必要事項を記入並びに図面等を添付し、甲府市教育委員会歴史文化財課に2部提出してください。 

県からの指示および市教育委員会との協議

書類の受理後、山梨県埋蔵文化財事務取扱要項に基づき、工事内容に該当する以下のいずれかの指示が県から事業者に通知されます。この通知を受け、事業者と市教育委員会で具体的な取り扱いについて協議します。

埋蔵文化財に関する手続き

以下の書式をダウンロードしてください。
届出の様式は、法令等により定められた書式のため、必要事項を記入する以外、改変等は加えないでください。
届出に際しては、(5)記入上の注意をご確認いただき、位置図や工事内容等がわかる図面を添付して、正本2部作成の上、提出をお願いいたします。 

 ※(1)並びに(2)は、令和2年度からあて先の変更がありますので以前の書式をお使いの方は、こちらからダウンロードをお願いします。

(1)93条(民間の工事)(ワード:17KB) 93条(民間の工事)(PDF:144KB)

(2)94条(公共機関の工事)(ワード:30KB) 94条(公共機関の工事)(PDF:142KB)

(3)93条(別記)(エクセル:29KB) 93条(別記)(PDF:140KB)

(4)94条(別記)(エクセル:29KB) 94条(別記)(PDF:140KB)

(4)発掘調査承諾書(ワード:20KB)

(5)記入上の注意(PDF:107KB) 

(1)発掘調査

内容

工事によって遺跡が保存できない場合、影響が及ぶ範囲の記録を後世に残すための本格的な発掘調査です。開発者側の協力により実施していただきますが、一定の調査水準を保つため、県もしくは市教育委員会の指導が必要です。市教育委員会に本調査を委託する場合も費用は原則として開発者側の負担です。本人が住む個人住宅などは、市教育委員会が公費で実施します。

手続き

調査方法・期間・費用負担など詳しい内容は、歴史文化財課と協議してください。

(2)試掘・確認調査

内容

遺跡の有無や深さ等を把握し、本格的な調査の必要があるか否か、必要がある場合はその範囲をどうするかなどを判断するための部分的な調査です。調査費用は原則として国・県・市が負担しますが、条件整備(地権者の同意、建物・棚等既存工作物の撤去、農作物・樹木等の伐採、埋設物等の情報提供)は、開発者側でお願いします。

試掘面積

開発面積の5%程度を試掘調査します。

期間

開発面積によって異なります。

(3)工事立会

内容

基礎工事等に伴い、文化財担当職員が立ち会います。遺跡が発見された場合、記録作成のため工事の中断をお願いすることがあります。

手続き

工事着手の3日前(可能ならば1週間前)までに歴史文化財課へご連絡ください。

(4)慎重工事

内容

工事による埋蔵文化財への影響がないと判断される場合、慎重に工事をお願いします。発掘調査は行いません。

手続き

特に必要ありませんが、遺構、遺物が発見された場合、すみやかに歴史文化財課へ連絡をお願いします。 

3.埋蔵文化財包蔵地に該当しない場合

開発予定地が「埋蔵文化財包蔵地」や「史跡」でない場合は、着工前に届出を行う必要はありません。
しかし、埋蔵文化財包蔵地以外でも未確認の遺跡が存在し、工事中に遺跡が発見される場合があります。遺跡を発見した場合には文化財保護法第96条の1に基づき、その現状を変更することなく、市教育委員会経由で県に「遺跡の発見届」を提出しなければなりません。文化庁長官はこの届出によって現状を変更する行為(工事等)の停止または禁止する場合があります。このような不時発見を避けるため、工事着工前に試掘・確認調査を行うことが望ましいといえます。

★上記の点に鑑み、なるべく早めに歴史文化財課へご相談ください。★

甲府市遺跡地図 

ベースとなっている地図は、昭和50年代の甲府市遺跡地図なので、現在の地図とは異なることをご了承ください。周辺の調査状況によって遺跡の範囲は予告なく変更する場合があります。遺跡の隣接地の場合、歴史文化財課文化財保護係までお問い合わせください。

遺跡地図 索引1(PDF:1,682KB)

遺跡地図 索引2(PDF:1,210KB)

p1(PDF:1,306KB) p2(PDF:1,056KB) p3(PDF:1,399KB) p4(PDF:1,434KB) p5(PDF:1,328KB) 

p6(PDF:1,351KB) p7(PDF:1,472KB) p8(PDF:1,324KB) p9(PDF:1,333KB) p10(PDF:1,551KB)

p11(PDF:1,547KB) p12(PDF:1,325KB) p13(PDF:999KB) p14(PDF:1,149KB) p15(PDF:1,364KB) 

p16(PDF:1,393KB) p17(PDF:1,362KB) p18(PDF:1,235KB) p19(PDF:558KB) p20(PDF:410KB)

p21(PDF:1,171KB) p22(PDF:1,328KB) p23(PDF:1,458KB) p24(PDF:1,135KB) p25(PDF:809KB) 

p26(PDF:1,203KB) p27(PDF:1,232KB) p28(PDF:801KB) p29(PDF:1,027KB)(PDF:2,145KB) p30(PDF:1,145KB)

p31(PDF:696KB) p32(PDF:973KB) p33(PDF:1,037KB) p34(PDF:520KB) p35(PDF:873KB) 

p36(PDF:484KB) 

中道地区(広域)(PDF:2,269KB)

遺跡地名表(PDF:303KB)(PDF:330KB)

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習室歴史文化財課文化財保護係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎9階)

電話番号:055-223-7324

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る