閉じる

ホーム > 講座・教室 > 山梨学講座「日本のパンと田辺玄平」

更新日:2020年10月30日

ここから本文です。

山梨学講座「日本のパンと田辺玄平」

料理・食育

歴史

暮らし・教育

市以外

日本で初めてイーストによる製パン法を開発したのは、丸十の始祖、甲州市(旧塩山市)出身、田辺玄平です。
今日、私たちが当り前のように食べている「パン」を支え、パン食の普及・改良に尽力した彼の生涯と軌跡を振り返り、あらためてパンのある暮らしを考えます。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、定員を制限しています。事前の申込みのない方は、当日の受講をご遠慮いただきます。
※感染防止対策(検温・体調確認・手指消毒・マスク着用など)を行なった上で、受講をお願いします。

開催日時

2020年12月15日 14時00分~15時30分

場所

名称 山梨県生涯学習推進センター交流室
住所

その他

山梨県甲府市丸の内1-6-1
電話番号 055-223-1853
ホームページ 山梨県生涯学習推進センター(別サイトへリンク)

対象

一般県民

募集人数

どなたでも

30人

費用

無料

申込方法

電話・FAX・Eメールまたは下記の関連リンクからお申し込みできます。

主催者

主催者・問合せ:山梨県生涯学習推進センター(TEL:055-223-1853)

お問い合わせ

山梨県生涯学習推進センター
055-223-1853
山梨県甲府市丸の内1-6-1
山梨県防災新館1階   
※記載の講座につきまして、諸事情により中止・変更になる場合があります。お申し込み時に再度、日時・内容等ご確認ください。

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。