更新日:2017年10月5日

ここから本文です。

第14回甲府市子ども・子育て会議

開催日時

平成29年7月24日(月曜日)午後6時30分~午後8時00分

場所

甲府市役所本庁舎4階本部長会議室

出席委員

進藤聡彦委員、古屋知子委員、落合陽子委員、深澤壽委員、髙村晴夫委員、田中強委員、中島智子委員、雨宮登美子委員、柳本剛委員、森澤昌子委員、萩原興子委員、稲﨑友紀子委員

事務局

田中子ども未来部長、横打子ども未来総室長、土屋子ども支援課長、飯田スポーツ課長、田中生涯学習文化課長、伏見人権男女参画課長、樋口子ども保育課長、輿石母子保健課長、小林スポーツ課長補佐、米山生涯学習文化課長補佐、齊藤人権男女参画課長補佐、新堀子ども保育課長補佐、橘田子ども保育課長補佐、林本子ども保育係長、望月子ども保育係長、巽子ども支援係長、山村母子保健係長、岩谷母子健康支援係長、望月子ども保育係主任、小池子ども保育係主事、宮澤子ども保育係主事

次第

1.開会

2.会長あいさつ

3.委員紹介

4.議事

(1)甲府市子ども・子育て支援計画の事業における実績報告について

(2)甲府市子ども・子育て支援事業計画の中間年の見直しについて

(3)その他

5.閉会

 

議事録

報告事項

(1)次世代育成支援行動計画について

【事務局】

「スポーツ少年団の団数・団員数」、「親子による交流・体験学習の参加者数と講座数」、「家庭教育講座の参加者数と講座数」、「家庭教育学級の参加者数と講座数」、「放課後子ども教室の参加者数と箇所数」、「男性セミナーの参加者数」における平成28年度の実績と達成率について報告。

【会長】

ご意見はありますか。

【委員】

「家庭教育講座の参加者数と講座数」について、中学校1年生の告知方法はどうなっているのでしょうか。

【事務局】

告知方法については、4月の校長会へ直接伺い積極的な利用について周知を図っています。

【会長】

他にご意見はありますか。

【委員】

特になし

(2)子ども子育て支援事業計画について

【事務局】

「幼児期の学校教育・保育」、「地域子育て支援拠点事業」、「妊婦健診事業」、「乳児家庭全戸訪問事業」、「養育支援訪問事業その他要支援児童、要保護児童の支援に資する事業」、「子育て短期支援事業」、「ファミリー・サポート・センター事業」、「一時預かり事業」、「延長保育事業」、「病児保育事業」、「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)」における平成28年度実績と確保量について報告。

【会長】

何か質問はありますか。あればお願いします。

【委員】

「幼児期の学校教育・保育」について、待機児童はなしということですが、今、保育士不足で担い手ということが言われています。

県の情報では保育士不足が大きく、保育所・認定こども園と合同で園の紹介やバスツアーを組んで養成校の学生のUターン就職を進める事業を行っています。

こういった取り組みについて市はどのような認識を持っていますか。

【事務局】

今後、県や市でもバスツアー等で保育士の確保を進めていく予定ですが、現状、保育士は確保できている状況です。保育士の確保については、今後の状況を注視していきたいと考えています。

【会長】

「地域子育て支援拠点事業」について何かご質問はありますか。

【委員】

直営の幼児教育センターで行われている子育て支援事業についてのアンケート結果があまり良くなかった印象があります。韮崎市にある「にらちび」に甲府市から行っている状況もありますが、今回の実績をみて改善されていると考えて良いのでしょうか。

【委員】

「にらちび」に実際行きましたが、施設を新しくしおもちゃも置いてあります。甲府市地域子育て支援センターは地域に即した子育て支援を行っているので、市内の3つの幼児教育センターと比べるものではないと考えますが、実際には多くの方が「にらちび」に行っています。「にらちび」を利用している親に話を聞きましたが、甲府市の地域子育てセンターは行っても楽しみがないなどの意見があり悲しく思いました。

【事務局】

前回のアンケート結果や、委員のお話も受ける中で、改めて現状と対策、また、韮崎の施設に限らず、より利用者の皆様に喜んでいただける施設を目指していきたいと考えております。

【会長】

「妊婦健診事業」についてのご意見はありますか

【委員】

特になし

【会長】

「乳児家庭全戸訪問事業」についてのご意見はありますか

【委員】

希望者に対して全て対応したとのことですが、中には家に来て欲しくない人や難しい家庭環境等の人もいるかと思います。そのような方に対しては、どのような対応をしているのでしょうか。

【事務局】

「乳児家庭全戸訪問事業」は、「養育支援訪問事業その他要支援児童、要保護児童の支援に資する事業」と密接に関わっています。「乳児家庭全戸訪問事業」は新生児訪問を含む乳児期早期の家庭訪問ということで全戸訪問を実施していますが、その後継続的に支援が必要な家庭等については、「養育支援訪問事業」で対応しているため、希望しない人に対しても対応はできていると考えております。

【会長】

「子育て短期支援事業」について質問はありますか。

【委員】

特別な支援を必要とする子が増えているように感じています。また、親に養育能力がなく、親に支援等が必要、複雑な状況を抱えている子が増えている様子が身近に感じられます。公立保育所は要保護の子の積極的な受け入れを行っているのでしょうか。

【事務局】

気になる子や障がい児等、支援が必要な子は把握しています。また、入所の申請の際には、窓口などで相談を受ける等、その子により良い保育ができるよう、公立・私立関係なく保護者のニーズにあった施設を紹介できるように対応しています。

【会長】

「ファミリー・サポート・センター事業」についてご意見ありますか。

【委員】

報告のあった利用者数とは、登録している会員数なのでしょうか、それともその方が利用した回数なのでしょうか。

【会長】

延べ人数なのか否かということでよろしいでしょうか。

【事務局】

延べ人数ということになります。利用したい人と支援を行いたい人が1度利用して1回とカウントとしています。

【会長】

「一時預かり事業」について、ご意見はありますか。

【委員】

特になし

【会長】

「延長保育事業」について、ご意見はありますか。

【委員】

特になし

【会長】

「病児保育事業」について、ご意見はありますか。

【委員】

特になし

【会長】

「放課後児童健全育成事業」について、ご意見はありますか。

【委員】

指導員の資質の向上の必要性を感じています。市では平成29年度には研修の機会を設けていただきましたが、指導員同士の交流会等学ぶ機会を頻繁に作ってもらいたいです。

【事務局】

支援員の資質の向上は非常に重要だと考えています。今年度に関しては、放課児童支援員認定資格研修を県が主催で行い、今後5年間の計画期間の中で資格取得をするようになっていますので、積極的な研修参加をお願いしたいと考えております。

【会長】

全体を通してご意見等はありますか。

【委員】

特になし

(3)子ども・子育て支援事業計画の中間見直しについて

【事務局】

見直し作業について、見直し準備、見直しの取り組みについて説明。

【会長】

子ども・子育て支援事業計画の中間見直しについて報告をいただきましたが、何かご質問等がありますか。

【委員】

特になし

【会長】

その他について、何かご質問等ございますか。

【委員】

特になし

【会長】

以上で予定しておりました、議事については終了です。議事進行にご協力いただき、ありがとうございました。

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

子ども未来総室子ども保育課子ども保育係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎3階)

電話番号:055-237-5669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る