ホーム > 「新宿・るるぶキッチンビルヂング」で甲府市フェアを開催します!

ここから本文です。

更新日:2020年11月17日

「新宿・るるぶキッチンビルヂング」で甲府市フェアを開催します!

令和2年11月17日(火曜日)に東京都新宿区にグランドオープンする「るるぶキッチンビルヂング」の2-3階「にくたびと」において、11月17日(火曜日)~12月14日(月曜日)の4週間、甲府市フェアを開催します!

甲府市フェアについて

るるぶキッチンメニュー11月17日(火曜日)から12月14日(月曜日)までの4週間、るるぶキッチンビルヂングの2-3階「にくたびと」において、甲府市フェアを開催します。
甲府市フェアでは、甲府市の特産品を使用したオリジナルメニューや、市内4つのワイナリーのワインを楽しむことができます。

提供メニューについて

信玄豚バラ肉の甲州味噌煮込み~セロリラブのピュレを添えて~

甘い脂身が特徴の、甲州信玄豚(甲府之証)のバラ肉を使用。150年続く五味醤油の甲州味噌で煮込みました。味噌のコクと豚肉の旨みをご堪能ください。

甲州地どりの手羽元と季節の根菜のブイヨン煮

旨みが凝縮した甲州地どり(甲府之証)の手羽を使い、季節の根菜と煮込みました。コクと上品さを感じる一皿です。手羽の旨みと根菜の食感をお楽しみください。

アワビに包まれた馬肉のタルタル仕立て~煮貝のルーツはこれだ~

濃いめの煮貝と馬肉のタルタルを合わせて、その歴史を表現。甘い黄身がマッチングします。甲州の伝統食を存分に味わってください。

巨峰のレーズンのワイン漬けとタレッジオのブルスケッタ

バゲットにタレッジオチーズをのせた洋風おつまみです。赤ワインに漬けた巨峰のドライレーズンをソースに仕立てました。果肉の食感と甘酸っぱさがたまりません。

甲州味噌を使用したミートソースほうとう

甲州味噌のコクが加わったミートソースがアクセント。もっちり食感の生ほうとうによく絡み、食べごたえがあります。生ほうとうと甲州味噌の競演をお楽しみください。

昇仙峡からお届け!百花生はちみつのレモネード

昇仙峡の「影絵の森美術館」で販売する、県内で採れた無添加無加工の生はちみつを使用。やさしい甘さと香りにホッとします。

甲府市内の4つのワイナリーよりおすすめの甲州ワイン

甲府市は、固有種「甲州」を使った日本ワイン発祥の地です。市内にある4つのワイナリーから、おすすめの銘柄をお届けしています。

【サドヤ】オルロージュ(赤)

山梨県産のマスカット・ベーリーAを主原料にしたワイン。豊かでやや長めの余韻が楽しめます。

【シャトー酒折ワイナリー】甲州にごり 11月3日解禁のヌーボー(白)

高品質のぶどうを生み出す「アイヴァインズ」の甲州種からつくりました。フレッシュな酸味と果実味が特徴です。

【信玄ワイン】葡萄蔓(えびかずら)甲斐ブラン2014(白)

柑橘系の香りと酸味が爽やかなピノーブラン種と甲州種を交配した品種で、辛口のすっきりとした飲み口です。

【ドメーヌQ】ヌーヌーボー2020(白)

赤くなる前に収穫した青デラウェアを使っています。フレッシュなリンゴ酸が特徴で、やや甘口のワインです。

『るるぶキッチン』とは

『るるぶキッチン』は、株式会社JTBパブリッシングが運営する飲食店で、”発行点数世界一のガイドブック”としてギネス世界記録にも認定された旅行情報誌「るるぶ情報版」や旅とおでかけWebメディア「るるぶ&more.」に加え、飲食店舗を旅行情報発信地として位置づけることで、新しい観光誘発メディアとして注目されています。

るるぶキッチンビルヂングについて

2017年6月にオープンした「るるぶキッチン AKASAKA」を移転リニューアルオープンする形で、東京都新宿区西新宿にオープンしました。新店舗はビル1棟をまるごと「るるぶキッチンビルヂング」と名付け、1階「酒処 何方此方」と2-3階「にくたびと」において、日本各地から取り寄せた食材を使った多彩な飲食メニューの提供と商品販売を行っています。

店舗概要

店名

1階「酒処 何方此方」(令和2年9月29日オープン)
2-3階「にくたびと」(令和2年11月17日オープン)

住所

東京都新宿区西新宿4-2-8 るるぶキッチンビルヂング内

アクセス

JR/都営/京王線 新宿駅東南口
またはミライナタワー口より徒歩2分
地下鉄/都営線 新宿三丁目駅より徒歩4分

営業時間

「酒処 何方此方」13時30分~23時30分
「にくたびと」平日16時30分~23時30分、土日祝日16時00分~23時30分

定休日

年中無休(※年に数回店休日あり)