ホーム > 市政情報 > 附属機関等 > 会議等の開催結果 > 産業部所管 > 甲府市地方卸売市場運営協議会 > 平成19年度第4回甲府市中央卸売市場運営協議会

更新日:2014年9月19日

ここから本文です。

平成19年度第4回甲府市中央卸売市場運営協議会

日時

平成20年1月30日(水曜日)午後1時から1時35分

場所

市場管理事務所1号会議室

出席委員

上原勇七、有野義人、遠藤政志、鶴田一郎、清水直樹、遠藤一郎、戸辺慶太、飯野巧、杉山一美、中山善雄、佐藤茂樹、西島隆、佐野勝久、宮下秀子、高野恒夫、新海一男、以上16名

欠席委員

仙洞田寿、依田敏夫、中島浩、横山みどり、計4名

事務局

目黒市場長、小田切経営計画課長、金丸宏業務課長、以下係長3名 計6名

配布資料

  • (1)諮問事項に対し出された意見集約
  • (2)答申案

冒頭、上原会長からあいさつがあり、引続き議長を務め議事に入った。

【議長】それでは、議事に移ります。
本日の議事は、前回ご案内したとおり、市長からの諮問事項に対しての当協議会の答申について、決定してまいります。
進め方としましては、事務局から今まで委員の皆様からいただいたご意見を「集約したもの」とそれに基づいた「答申案」について説明していただき、また、今回新たに意見等がありましたら、そのことも含め、ご審議いただきたいと思います。
それでは、事務局からお願いします。

【事務局】資料の「意見集約(別紙)」と「答申案(別紙)」を読み上げる。

【議長】ありがとうございました。
今までの意見集約とそれを踏まえた答申案ですが、このことも含め、何かご意見等ありましたらお願いします。

【委員】前回、お話がありましたが、市場財政状況は大変厳しい状況にあります。
市場への繰出し金についても財政負担が伴い、夕張市とまではいかなくてもそのようなことは認識していかなければなら無いと思います。
また、三位一体の改革による地方分権、また地方への税源移譲が多くは見込めないなか、事業を展開していかなければなりません。
そのなかで市場の活性化また市場会計の健全化を図っていくことになりますが、施設の老朽化、耐震化また機能強化なども含め多額の財源が発生し、その財源となる市場関係者の使用料等を少しでも軽減していくために、市場機能を損なわず、立地条件がいい本市場の敷地の有効活用を計画していくことも必要ではないかと考えます。

【議長】この意見に対してどなたか意見がありますか、事務局はどうですか

【事務局】市場会計の健全化のためにも資産の有効活用等を考えていくことも必要であると思います。方針案へおり込みこむことについては、委員の皆様のご意見を伺えればと思います。

【議長】それではそのようなことも今後検討していくことも必要であるいうことですが、この件についてご意見はありますか。今日が最後の審議となりますがその他に関することでも結構ですのでご意見ありますか。

【委員】今の件と関連しますが、販路拡大するために、小売店に影響があると思いますが、県外の観光客の誘致ということも一つの手法として、視野に入れながら検討していいと思います。

【議長】その他ご意見はありますか。

【委員】方針案の「市場運営にあたっては、経営状況を勘案し効率的な運営に努めること。」とありますが、市場運営にあたっては、卸の第3者販売に対して、仲卸組合では仲卸の経営また従業員の職という点で大変危惧している。これまでは卸が集荷、仲卸が分荷ということを生業としてやってきた。そのことが崩れることによる今後の生活に不安を抱えている。また、小売、飲食店が仲卸を頼りにして市場へ来てくださっている。地方市場における新しい仕組み、ルールを決める際には、荷受さんとの協議がうまく行けば良いが、簡単にその垣根が取り払われては困る。今後も頼りに市場へ来て下さる小売、飲食店たちとうまくやっていただけるようなことを答申に盛り込むことを希望したいが、今後新しいルール作りにあたっては、これまでの市場機能で役割を果たしてきたそれぞれの立場に対して公正であっていただきたい。

【事務局】この方針に沿って、今後新しいルール作りという作業になるが、第3者販売、直荷引きなどについては、今後関係業界との協議に当たって慎重に協議していきたい。

【議長】それでは、今後そのようなことで進めていくということでよろしいでしょうか。

【委員】はい。

【議長】その他ご意見ありますか

【委員】地場産業の育成に寄与する市場とあるが、他の関係業界との連携について具体的に入れ込んだらいいと思うがどうか。

【事務局】今までの市場運営にあっては、川上を見て事業推進してきたといわれているが、今後は川下である小売店にたいして支援していくことも活性化に繋がると思うので、今後業界との話合いを進めていく必要があると考える。

【委員】そのことは4番目に書いてあるが、「市場関係者だけでなく他の関係団体」ということの記述では、意味合いが弱いように思えるので意見として述べさせていただいた。

【議長】その他ご意見ありますか

【議長】無いようですので、諮問に対する答申書につきましては、ただ今幾つか出されました意見を追加し、当協議会の答申とさせていただきますが、記述につきましては私と副会長にお任せいただいてよろしいでしょうか。

(異議なし)

【議長】続きまして、答申方法について事務局からお願いします。

【事務局】市長への答申につきましては、上原会長と有野副会長に当協議会を代表していただきまして、答申をお願いしたいと考えております、日時につきましては、2月13日を予定しております。

【議長】事務局から答申方法について提案がありましたが、そのようなことでよろしいでしょうか。

(異議なし)

【議長】それではそのような形で答申させていただきます。
次にその他ですが、何かご意見等ございますでしょうか。

【委員】修正された答申書については各委員に事前に報告してもらいたい。

【事務局】そのようにいたします。

【議長】その他、何かご意見等ございますでしょうか。

【事務局】今後の方針決定については、当協議会から2月13日に答申、ホームページ上での市民の意見募集、議会への説明を経て、3月に市長決定することになります。

【議長】その他何かご意見等ございますでしょうか。

(無ければ)

【議長】ご協力ありがとうございました。
最後になりますが、一言お礼申し上げたいと思います。
長らく市場の見直し方針についてご協力いただいたわけでありますが、経済、市場の状況等時代の流れが変わる中で、業者の皆様も大変だと思います。市場の見直しにあたっては、市場の活性化はもちろんですが、消費者の方にもプラスになるようことを考えに入れ検討していくことが大事であり、そのようなことも含め答申していきたいと思います。
今後とも業界の皆様よろしくお願いします。

【事務局】上原会長ありがとうございました。
以上をもちまして、甲府市中央卸売市場運営協議会を閉会します。
本日は、誠にありがとうございました。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市場経営室経営管理課経営係

〒400-0043 甲府市国母六丁目5番1号

電話番号:055-228-1745

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る