ホーム > 市政情報 > 附属機関等 > 会議等の開催結果 > 産業部所管 > 甲府市地方卸売市場運営協議会 > 平成21年度第2回甲府市中央卸売市場運営協議会

更新日:2014年9月19日

ここから本文です。

平成21年度第2回甲府市中央卸売市場運営協議会

日時

平成21年7月7日(火曜日)午後1時から午後1時25分

場所

市場管理事務所1号会議室

出席委員

上原勇七、新海一男、遠藤政志、仙洞田寿、村田昇、遠藤一郎、戸辺慶太、小松義文、杉山一美、樋川宗雄、依田敏夫、中山善雄、佐藤茂樹、佐野勝久、中島浩、古屋二六、高野恒夫(敬称略)以上17名

欠席委員

鶴田一郎、菊島光一郎、有賀祐軌(敬称略)計3名

事務局

目黒市場長、小田切室長、中野業務課長、以下係長5名 計8名

議題

(1)諮問事項に対する答申について

  • 答申書について
  • 答申方法について

(2)その他

配布資料

  • (1)「諮問事項に対して出された意見集約」
  • (2)「答申案」

冒頭、上原会長からあいさつがあり、引続き議長を務め議事に入った。

議事内容

【議長】
それでは、議事に入りますが、所要時間はおおむね1時間程度を目安に考えております。
議事がスムーズに進みますようご協力をお願いします。
議題(1)の「諮問事項に対する答申について」でありますが、前回ご案内したとおり、市長からの諮問事項に対しての当協議会の答申について、決定してまいります。
議事の進め方としましては、事務局から「意見集約したもの」とそれに基づいた「答申案」について、説明していただき、また、今回新たなご意見等がありましたら、そのことも含め、「答申」と「答申に付記する意見」として、ご審議をお願いします。
それでは、事務局から説明をお願いします。

【事務局】
(配布資料の「意見集約」と「答申案」を読み上げる)
「諮問事項に対する意見集約」としましては、「1施設整備については、国の第9次中央卸売市場整備計画に位置付けるとともに、経費負担を軽減するためにも国等の補助金の利用を図ること」、「2市場施設は老朽化が著しいが、災害時の地域の避難地となっていることから、施設整備に当たっては、耐震化を図り、今後も地域住民が安心して避難できる施設とすること」、「3市場の見直しについては、消費者の関心も高いことから、計画や方針の内容については、正確で的確な情報を伝え、誤解を招き混乱しないよう十分留意すること」、以上でございます。
続きまして、答申案についてご説明いたします。甲府市中央卸売市場見直し計画(案)及び甲府市中央卸売市場整備方針(案)について(答申)、平成21年6月19日付け、産発第10022号で当協議会に諮問のありました「甲府市中央卸売市場見直し計画(案)及び甲府市中央卸売市場整備方針(案)」については、慎重に審議した結果、妥当なものとして答申します。なお、市場の見直し計画及び整備方針の実施にあたっては、次の事項に留意されるよう要望します。1施設整備は、国の第9次中央卸売市場整備計画に位置付け、助成制度の活用を図り、経費節減に努めること。2市場は地域住民の災害時の避難地でもあるため、耐震化を推進し、安全の確保に努めること。3市場の見直しについては、一般消費者の関心も高いことから、正確で的確な情報を発信すること。以上でございます。

【議長】
ただいま、事務局から「意見集約」と「答申案」について提案がありました。
今までの意見集約とそれを踏まえた答申案ですが、何かご意見・質問等がありましたらお願いします。

【委員】
今、事務局からこの答申案等につきましてのご説明がありました。確かに市場当局をはじめ、業界の皆様方でなるワーキンググループの中で長い間論議がされ、まとめられました「見直し計画(案)」、或いは「整備方針(案)」であります。過日の委員会におきましても、このことは委員の皆様にもご理解をいただいたものと思います。しかしながら、現下の状況におきましては、非常に厳しい状況であり、この2案につきましても、難しい点は多々ありますが、いろいろな問題をクリアーするなかで、この答申どおりの方向付けが出来れば良いのではないでしょうか、それには業界の皆様の最大の協力が必要であります。そんなことをお願いしまして、私はこの答申案につきまして賛成いたします。

【委員】
最近ですが、同じ買参人としての立場から青果部と水産物部の買参組合の皆さんが集まって協議を行いました。市場の中には、荷受の卸売会社、仲卸組合、我々のような小売店を対象にした小売組合があるわけでございます。これまでワーキンググループの協議会へ参加しておりますが、そのなかでの議論として施設整備事業、また市場の活性化を図るための「賑わいのある市場」とかいろいろな提案が出ております。我々のような末端の小売店の皆さんは、青果部200名を超え、水産物部でも200名程の組合員がおりますが、現状はご存知のように量販店に押されて小さな小売の皆さんは、大変今苦しい思いをしております。このようななか中央市場から地方市場に転換ということで、実際の話し、我々の中には高齢な夫婦2人で営むような小さい小売店が多数あり、この方々は、これからどうなるのだろうかといった大変不安な思いでおります。また、立場がそれぞれ違います、荷受さんの立場、仲卸組合の立場、我々のような買参人の小売店組合それぞれ立場が違います、一番末端の本当に身近に消費者の皆さんに接している小さな小売の人たちのためには、地方市場に転換するに当たって、何かメリットがあるのか、どんな支援があるのか、そのようなことを、この間各買参組合の方々と話し合いをしました。組合員の皆さんは大変不安な思いを抱いております。どうかこれから、具体的な市場のあり方について進めていくと思いますが、こういう末端の小さな小売店を守るためには、どうしたら良いのか、そういうところにも焦点を当てていただき、地方市場転換への活性化を一緒に図りながら考えてもらいたいと思います。具体的なことは、これからいろいろな意見が出ると思いますけれど、このような思いを買参組合としては、抱いていることを、今日委員の皆さんに知っていただきたいと思っています。荷受さんは、荷受さんの立場があると思いますし、仲卸組合は、仲卸組合の立場があると思いますが、賑いのある市場づくりにしても、是非やって欲しいという人も一杯いれば、それは困るこれ以上首を絞められたらもう我々は生きてはいけないという小売店の方々も一杯います。そういう点も踏まえていただき、皆が望む市場になれるような進め方を、皆さんのお知恵を絞っていただきたいと思います。

【議長】
ありがとうございました。ただ今ご意見がございました。業界のそれぞれの立場を認識して、全体を考える中で、対応の仕方を考えて欲しいとのご意見だと思います。
このご意見を追加したいと思いますがいかがでしょうか。何かご意見はございますか。

【委員】
買参組合としては、是非追加していただきたい。

【議長】
それでは、この意見を追加するということで宜しいですね。
他に、別のご意見・質問等がございますか。
(委員から意見・質問無し)

【議長】
他に無いようですので、諮問に対する答申書につきましては、審議の結果ただ今の意見を追加し、当協議会の答申とさせていただきます。
記述につきましては、私と副会長に一任させていただきたいと思います。ご異議はございませんか。
(委員から異議なしの声あり)

【議長】
次に、答申方法について事務局から説明をお願いします。

【事務局】
市長への答申につきましては、上原会長と新海副会長に当協議会を代表していただき、答申をお願いしたいと考えております。
日程等につきましては、調整後できるだけ早い時期と考えております。

【議長】
事務局から市長への答申方法について提案がありましたが、このようなことで宜しいでしょうか。ご異議はございませんか。
(委員から異議なしの声あり)

【議長】
それでは、このような形で答申させていただきます。
次に議題(2)の「その他」ですが、何かこの場でご協議しておきたいことがありましたら、ご意見をお願いします。
(委員から意見・質問無し)

【議長】
事務局から、何かございますか。

【事務局】
別にございません。

【議長】
無ければ、予定していた議事はこれで終了します。
《その後、上原会長・新海副会長から、今回の審議についてのお礼の言葉があった。》

【事務局】
上原会長・新海副会長ありがとうございました。
以上をもちまして、甲府市中央卸売市場運営協議会を閉会します。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市場経営室経営管理課経営係

〒400-0043 甲府市国母六丁目5番1号

電話番号:055-228-1745

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る