ホーム > 市政情報 > 附属機関等 > 会議等の開催結果 > 産業部所管 > 甲府市地方卸売市場運営協議会 > 平成22年度第1回甲府市中央卸売市場運営協議会

更新日:2014年9月19日

ここから本文です。

平成22年度第1回甲府市中央卸売市場運営協議会

日時

平成22年8月12日(木曜日)午後1時30分から午後2時45分

場所

市場管理事務所2階1号会議室

出席委員

上原勇七委員、新海一男委員、遠藤政志委員、鶴田一郎委員、仙洞田寿委員、村田昇委員、遠藤一郎委員、戸辺慶太委員、飯野巧委員、有野義人委員、樋川宗雄委員、依田敏夫委員、中山善雄委員、佐藤茂樹委員、佐野勝久委員、中島浩委員、古屋二六委員、熊王日登美委員、高野恒夫委員 以上19名

欠席委員

杉山一美委員 計1名

事務局

小田切市場長、望月市場経営室長、中野業務課長、以下事務局職員5名 計8名

議題

  • (1)諮問事項に対する審議予定(案)について
  • (2)諮問事項に対する審議について
  • (3)その他

第19次甲府市中央卸売市場運営協議会各委員へ宮島市長より委嘱状が交付された。
正副会長選任により、会長に上原勇七氏、副会長に新海一男氏が選任された。
選任後、宮島市長より当協議会へ「甲府市中央卸売市場整備計画(案)」について諮問書が提出された。
市長退席後、上原会長あいさつの後、議長となり審議に入った。

議事内容

【議長】
それでは、議事に入ります。議事がスムーズに進みますようご協力をお願いします。
はじめに議題(1)「諮問事項に対する審議予定(案)」でありますが、事務局から説明を求めます。

【事務局】
(説明の前に、今回の配布資料の確認を行った。)
諮問事項の審議については、今回を含め2回とし、1回目は、このあと諮問事項の「甲府市中央卸売市場整備計画(案)」の内容について、ご審議していただき、本協議会の意見集約を図りたいと考えております。
2回目は、今月8月24日(火曜日)午後1時30分に開催し、本協議会でのご意見を取りまとめ、事務局で策定します答申内容をご審議していただきたいと考えております。
以上、今後の審議日程及び内容について提案させていただきます。

【議長】
ありがとうございました。
ただいま、事務局から審議の日程等について提案がありました。
今後の審議の進め方については、皆様のご了承いただき進めてまいります。
それでは、この審議予定について、何かご意見・ご質問等がございますか。
(委員から意見・質問無し)

【議長】
ご異議なければ、事務局から提案のありました審議予定で進めていくこととします。
次の議題(2)「諮問事項に対する審議について」ですが、これは、先ほど承認していただきました審議予定の第1回目の内容で進めてまいります。
それでは、諮問事項について、事務局から説明をお願いします。

【事務局】
諮問事項「甲府市中央卸売市場整備計画(案)」について説明する。
―配布資料を基に説明―

【議長】
事務局からの説明が終わりましたが、「甲府市中央卸売市場整備計画(案)」について、ご意見・質問等がありましたらお願いします。

【委員】
財源的な基本的考え方をお伺いいたします。修繕計画においては、これまでの使用料で賄っていくとのことですが、新しい機能強化計画においては、甲府市の一般財源を充てるなどが考えられると思いますが、どのような方法をお考えかお聞きします。

【事務局】
耐震化の計画、老朽化修繕の規模は、決まっておりますが、機能強化計画がまだ最終的に決まっていないため、全体の事業費がお示しできない状況であります。
地方転換に伴い、管理事務所の職員の削減を考えており、その削減した人件費分を耐震計画と老朽化計画の事業へ充てることを見込んでいます。新たな機能強化計画については、建設費に伴う新たな使用料を設定する予定です。なお、現状以上の新たな一般財源の繰入れは、考えておりません。

【委員】
事業費については、長期借り入れを考えていますか。
また、来年地方市場になり、次の過程とすれば将来的には、民営化ということになろうかと思いますが、長期借り入れをお考えであれば、返済期間までの間は、公設市場を続けるということですか。

【事務局】
借り入れについては、25年償還を考えており、その間は、公設市場を続けていく考えであります。

【議長】
他に、ご意見・質問等がございますか。

【委員】
市場経営が大変厳しくなってきている中、この整備計画は、管理事務所の人件費を削減した経費で対応して行くとのことですが、その削減額だけでは、あまり効率的ではないと思われます。そのようなことからも、当然に収入面での増加が必要であります。市の一般会計の繰入れは、一定の額が決まっているようですが、この計画を進めて行く上での考えをお聞きします。

【事務局】
現状、8,100万円程度、市の一般会計からの繰入金があります。
人件費につきましては、現在15名職員体制ですが、事務の効率化を図ることにより、8名体制にし、削減した7名分の人件費が確保できるものと考えております。
また、平成27年度取扱数量については、減少も考慮し、市場会計に入ってくる使用料も減る中で、繰入金を増やさない方向で計画しております。
全体事業費については、機能強化部分が確定していないため、お示しできない状況であります。

【委員】
収入面において、地方へ転換することで、国からの補助金が見込むことができるとのことですが、その他の助成的な措置は見込めるのですか。

【事務局】
地方転換後5年間は、「強い農業づくり交付金」という国の交付金対象となり、地方転換により交付対象のポイントが高くなりますが、交付していただけるかは確実ではありません。
このことからも、国の交付金に期待するところですが、山梨県へも助成措置を検討いただけるようお願いしたいと考えています。

【委員】
山梨県から推薦いただいている運営協議会委員の方が、本日ご出席いただいていますが、
これまで市場に関する援助というものはなかったと思われますが、今回の整備計画に対しては、どのようにお考えでしょうか。

【議長】
山梨県からの委員さん、いかがでしょうか。

【委員】
整備計画の中身等まだ詳細に確認していない状況であり、また事業費も確定していない状況ですので、この場で即答はいたしかねますが、今後具体的なお話をして行くなかで、県としても十分検討させていただきたいと考えています。

【議長】
他に、ご意見・質問等がございますか。
消費者代表の委員さん、いかがですか。

【委員】
我々市民としましては、安全・安心な生鮮食料品を提供していただくこと、また価格も安定していだければ一層よいというのが、消費者の希望です。
修繕などの整備中にも、仮設の施設も設置しながら、安全・安心な食品の提供などに応えていただけるということだと思いますので、そういったことに注意して進めていただきたいと思います。

【議長】
もう一人の消費者代表の委員さん、いかかですか。

【委員】
やはり同じですが、安全・安心な生鮮食料品を供給いただきたいことと、価格も安定すればありがたいです。施設においても、今の時代ですので、耐震などの対応も必要でありますし、市場が崩壊してしまえば、一番困るのは、私たち消費者なので、理想的な環境で、理想的なユーザーのための施設になるよう望みます。
また、職員を15名から8名に減員するとのことですが、職員が減ったことにより市場運営において、支障をきたすようなことがあり、ユーザーに影響がなければよいと心配な部分もありますので、よろしくお願いします。

【議長】
その他、市場関係の委員さん、いかがでしょうか。

【委員】
予算についてでありますが、費用対効果のなかで、進めていかなければならないと思います。25年の償還を計画しているとのことですが、これまでの使用料で賄う部分と新規施設の部分は、新たな使用料を設定することは当然のことであると思います。
目標取扱数量に関しても、明記されていますが、一番肝心なのは、やはり収益であります。取扱数量イコール売上、また最終的には利益収益であり、この収益の確保が25年の償還に対応していけるかどうかをよく見極めていく必要があると考えています。過去から平成21年までの取扱量、収益を検証するなかで、見直していくことも必要であります。
この計画につきましては、私たちも事務局と一緒になって進めていかなければなりませんし、責任もありますし、それに対しての努力もして行くわけですが、経営者の立場で考えることは、時代の流れで、民営化というのは、一つの行くべき姿でありますが、その到達点に行くまでに、この甲府市場が頓挫することがあってはならないし、市場としては、消費者に安全・安心な生鮮食料品を提供する義務があると考えています。そういったことを含め、詳細な部分も勘案しながら整備を進めていただきたいと思います。大変大きな事業でありますので、費用対効果を詰めていった方がよいと思います。

【議長】
事務局今の、ご意見に対しいかがですか。

【事務局】
頂きましたご意見のとおりでございまして、整備を進めて行く上で、事業計画、資金計画の見通しということで、先ほども説明させていただきました。ただし、それは当然計画であり、今後修正、見直しも必要であると考えております。目的は、市場の活性化であり、賑わいのある市場づくりもその一つであり、これからも市場関係の皆様と一緒に知恵を出し合って、活性化に何が必要か、そのための事業になろうかと思います。長い償還期間に対応していくためにも、費用対効果を勘案しながら進めていくことは、重要であると考えております。

【議長】
その他、いかがでしょうか。

【委員】
市場関係の立場から少しお話をさせていただきますが、この整備計画は、事務局と何年もかけて検討をしてきて、今日この会議の議題となったわけです。
地方市場になることは昨年決まったところですが、先ほどの事務局の説明で、地方市場になると人件費が約半分になり、その経費で、この整備計画の一部に充てて行くということですが、それに付け加えまして、なぜ地方市場に転換するのかを、この場をお借りしまして、少しお話させていただきたいと思います。
先ほど、市長さんのお話しにもありましたが、流通の多様化・多元化という言葉が、最近多く聞かれています。その中で、中央市場は、中央卸売市場法とういう法律の中で経営を行っています。当然に甲府の何十倍もある大都市の中央市場も、同じ法律の中で事業を行っています。都市の状況を考えると、同じ法律の中で、商売をやって行くということは、非常に難しい状況になってきているわけです。そのため、多様化・多元化に活路を見出したいと思っています。(個人的な意見でありますが)その多様化・多元化に対し、この甲府市卸売市場のあり方を求めたいのです。その多様化に対応する法律というのは、どうしても中央卸売市場法では、難しいため、地方市場法の下でやって行こうというのが根底にあることを、本日ご出席の委員の皆様にご理解いただきたいです。多様化・多元化に活路を見出すことを新たな出発点に立ちたいと思っています。来年4月に地方へ転換しますが、転換後も今以上にがんばって行かなくてはなりませんので、皆様のご指導等いただければと思っております。

【議長】
その他、いかがでしょうか。

【委員】
市場というのは、勝ち残り、生き残りができるかどうか一番の問題であります。青果・水産を含めて流通マーケットの中で、生き残れるかが課題であります。市場外流通が増える中で、どれだけ市場を使ってもらえるか、個々工夫も必要であります。市場運営には、甲府市から貴重な税金を投入しているところでありますが、市場関係の皆様においても、社員の方々を十分養って行くことができるような市場になっていただきたいです。また、今後そのためにご協力していきたいと思っております。

【委員】
生産者の立場からですが、先ほどからもお話が出ていますが、流通の多様化などでこの市場を利用している生産者は、一時期よりは減っていることは確かでありますが、来年4月の地方転換、そしてこの市場整備によって甲府市場の活性化を図っていただき、より多くの生産者が多くの荷を運んでくれるような市場にしていただきたいと思っています。

【議長】
他に、ご意見・質問等がございますか。
(委員から意見・質問無し)

【議長】
なければ、(3)「その他」でございますが、この場でご協議しておきたいことがありましたら、ご意見をお願いします。
(委員から意見・質問無し)
事務局から、何かございますか。

【事務局】
過日の新聞掲載記事の件について、現時点のご報告をいたします。
―取引委員会の専門部会への調査依頼をするとともに、その調査に基づき、管理事務所として調査した結果を報告、また今後の再発防止策を検討中であることを説明―

【議長】
以上、報告が終わりましたが、ご意見・質問等ございますか。
(委員から意見・質問無し)

その他、事務局から何かございますか。

【事務局】
確認ですが、次回は8月24日(火曜日)午後1時30分開会となりますので、よろしくご出席いただけますようお願いします。
内容につきましては、本日の協議会で出された意見をもとに、この諮問に対する協議会の意見書に内容をご審議いただき、市長への答申としたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

【議長】
ただ今の事務局からの確認事項に対し、ご意見・ご質問等ございますか。
(委員から意見・質問無し)

【議長】
ご意見・ご質問等が無ければ、本日の審議を閉じさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。
中央から地方へ転換する時期であり、的確な対応ができるよう、またそれが将来市民から愛される市場になるよう当協議会としても努力してまいりたいと考えております。皆様のご協力が大切でありますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【事務局】
上原会長ありがとうございました。以上をもちまして、甲府市中央卸売市場運営協議会を閉会します。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市場経営室経営管理課経営係

〒400-0043 甲府市国母六丁目5番1号

電話番号:055-228-1745

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る