ホーム > くらし > 動物 > 犬・猫・ペット > ペットの防災対策

更新日:2020年8月3日

ここから本文です。

ペットの防災対策

 災害発生時の対応として、自らの命は自分で守る「自助」、地域住民との助け合いによる「共助」、公的機関による支援や取り組みの「公助」があります。大規模災害の場合には、不測の事態が発生するなどにより「公助」に時間を要することが考えられるため、「自助」、「共助」で乗り切る必要があります。これはペットにおいても同様であり、ペットを守るのは飼い主であることを自覚し、一緒に避難(同行避難)できるように日頃から備えておきましょう。

同行避難とは

 同行避難とは、災害発生時にペットと一緒に避難所へ避難することをいいます。避難所で人とペットが同一の空間で居住することを意味するものではありません。

 避難する際は、各避難所のルールに従うようにしてください。 

               避難

日頃から備えておくこと

住まいの防災対策

 地震対策として、ペットを室内で飼育している場合には、家具の固定や転倒防止などの対策をしましょう。屋外で飼育している場合は、ブロック塀付近など、倒壊しやすい場所での飼育は避けるようにしましょう。

家族の話し合いや地域住民との共助

 実際に災害が発生した場合、電話が繋がらなくなるなどの事態が想定されます。その際の集合場所、備蓄品の保管場所、ペットをどのように避難させるかなどを話し合っておきましょう。また、万一の場合にご近所とお互いに助け合えるように、コミュニケーションや飼育マナーに気を配るようにしましょう。 

                家族会議

健康管理としつけ

 避難所では、多くの人が同じ場所で生活をすることになります。犬や猫が苦手な人や、鳴き声や吠え声、臭いや抜け毛などによりストレスを感じる人もいます。避難所で周りの人が安心して過ごせるように、普段から準備をしておくことが重要です。

・むやみに吠えない、ケージやキャリーバックの中に入ることを嫌がらない、他人に友好的に接することができるなどのしつけをしておきましょう。

・子犬の頃から多くの人や動物に接することで社会性をつけさせましょう。

・決められた場所での排泄をできるようにしましょう。

・狂犬病予防注射や各種ワクチン接種、寄生虫の予防や駆除をしましょう。

ペットのための備蓄品の用意

 避難所で必要となるケージ、フード、シーツなどのペット用品は飼い主が用意をしてください。

・キャリーバッグ、ケージ ペットフード

・予備の首輪、リードエサ皿

・フード、水(5日分以上)

・ペット用の食器、ペットシーツ など

 

飼い主の明示

 災害発生時に、ペットがパニックになって逃げ出してしまうことがあります。保護された場合にすぐに飼い主がわかるように、首輪と迷子札(犬の場合は鑑札と狂犬病予防注射済表)をつけ、確実な身分証明書としてマイクロチップの装着といった対策をしましょう。

           マイクロチップの猫鑑札付きの犬

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

健康支援センター生活衛生薬務課生活衛生薬務係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館2階)

電話番号:055-237-2550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る