ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 風しんの流行にご注意ください!

更新日:2019年3月29日

ここから本文です。

風しんの流行にご注意ください!

今年度になってから、関東地方を中心に風しんの届出数が大幅に増加しています。

山梨県内においても、30歳代の男性を中心に4人の発症例が確認されました(平成30年10月4日現在)。今後も、全国的に感染が拡大する可能性がありますのでご注意ください。

特に、30~50歳代の男性や妊娠中の女性は注意が必要です。

明らかに風しんにかかったことがない方、過去に風しんの予防接種を2回以上受けていない方は、風しんの予防接種を受けることについてご検討ください。

風しんの症状は?

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。

ウイルスに感染してから2~3週間で発症し、発熱全身の発疹首や耳の後ろなどのリンパ節の腫れなどが典型的な症状とされています。

妊娠中の方、妊娠を希望している方、そのご家族の方へ

風しんで最も注意したいのが、妊婦への感染です
風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週ぐらいまでの妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが難聴白内障心臓病などの障害が残る可能性があります(先天性風しん症候群)。

予防方法は?

風しんウイルスを体内から除去する薬はありませんが、風しんは予防接種により予防できる病気です。

しかし、妊娠中の方は予防接種を受けることができないため、妊娠する前に風しん抗体検査(風しんに対する免疫がどのくらいあるか)及び予防接種を受けることが重要になります。

既に妊娠している方は、以下のことに注意してください。

  • 人混みでは感染する可能性が高くなるため、不要不急の外出を控えましょう。特に流行地域に行く予定のある方は注意してください。
  • 家庭内での感染を防ぐため、夫や同居者は予防接種を受けることを検討しましょう。

風しん予防接種費用の助成事業を行っています

生まれてくる赤ちゃんの先天性風しん症候群を防ぐため、甲府市では風しん予防接種費用の一部助成を行っています。

対象者や申し込み方法などの詳細は以下のページをご覧ください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康支援センター医務感染症課感染症係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館2階)

電話番号:055-237-8952

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る