更新日:2021年3月29日

ここから本文です。

甲府市子ども屋内運動遊び場 これまでの取組み 

甲府市子ども屋内運動遊び場について(令和3年3月25日市長臨時記者会見)

【配布資料】

  • 資料1「甲府市子ども屋内運動遊び場」全体説明資料について(PDF:2,416KB)
  • 資料2記念式典及びオープン日について(PDF:378KB)
  • 資料3利用人数制限と利用予約の実施について(PDF:656KB)
  •  
  • 【以下、市長定例記者会見内容抜粋】

    本日は、1点発表させていただきます。

    よろしくお願いいたします。

    それでは、本日の発表項目、「甲府市子ども屋内運動遊び場」につきまして、「愛称」や「オープン日」等が決まりましたので、お話しさせていただきます。

    まずは、「愛称の決定」でございます。

    「資料の1」の1ページ目をご覧ください。

    昨年11月下旬から本年1月中旬まで募集をしておりました愛称につきましては、全国から495点のご応募をいただきました。

    その中から、保育所の子どもたちの声も反映させていただき、運動遊び場のイメージにふさわしいことや、誰もが覚えやすく、親しみやすいことから、甲斐市在住の「涌井利晴(わくいとしはる)」様の「おしろらんど」を愛称として決定いたしました。

    本市には、「武田氏館(武田神社)」や「甲府城(舞鶴城)」、さらには、「要害山城」といった、市内に3か所のお城を有するという特色も踏まえ、甲府城近くの「おしろらんど」が未来を担うこどもたちの新しいお城となるよう市内外にアピールしていきたいと考えております。

    次に、「おしろらんど」の詳細につきまして、ご説明させていただきます。

    2ページ目をご覧いただきたいと思います。

    遊具等の設置につきましては、「あそびを通して子どもの健全な成長に寄与する」といった理念のもと、他都市においても、屋内外のあそび環境の開発デザインに実績のある株式会社ボーネルンドと遊具等の提案及び設置に関する業務委託契約を締結し、準備を進めてきたところであります。

    「おしろらんど」は、運動遊びが存分に楽しめる空間として、年齢別・機能別にゾーニングすることで、楽しさと安全性を確保しております。

    また、各エリアには、子どもの様子をよく観察しながら、子どもの「やってみたい」という意欲を引き出し、遊びを誘発する大切な役割を担うプレイリーダーを配置いたします。

    現在、プレイリーダーとなる人員の確保は順調に進んでおり、4月には新たに任用を行い、研修を経てオープンに備えてまいります。

    3ページ目をご覧ください。

    メインとなる「アクティブエリア」は、遊びを通じて、幼児期の成長に必要な「バランスをとる平衡系や、からだの移動系、ものを使うなどの操作系動作となる」36の基本的な動きが、遊びながら自然とできるような遊具を選定し、固定式の大型遊具と可動式の遊具を揃えております。

    また、甲府城の石垣やお濠をイメージしたクライミングウォール付きの大きなボールプールのほか、トランポリンのように弾むマットのエアトラックファクトリー、筋力を使う雲梯やのぼり棒、すべり台を備えた大型複合遊具、円形の透明な遊具の中で360度の回転遊びができるサイバーホイール、ダイナミックに回転する円盤型の遊具、大きなブロック遊具を設置するなど、走る、跳ぶ、転がる、掴む、登るなどの多様な動きを自然に体験できるようにしております。

    加えて、遊具と一体的で、子どもが遊びにのめりこめるように視覚的効果を高めた壁面へのグラフィックシートを各所に貼り付け、甲府盆地や富士山をはじめとした本市の自然豊かな風景をデザインし、室内でありながら、地域への愛着を育むことにも繋がるようにしています。

    4ページ目をご覧ください。

    「アクティブエリア」のとなりに、「ロールプレイエリア」を設けています。

    ままごと遊びなどができるキッチンやテーブルの遊具を配置し、役割分担や会話を楽しみ、お友達と一緒に遊ぶことで社会性や協調性を身に付けていくことができます。

    加えて、指先を器用に使いながら遊ぶ組立遊具やジオラマテーブルなどを設置し、子どもの想像力や発想力を存分に刺激します。

    5ページ目をご覧ください。

    屋内遊び場のエントランス付近には、0歳から3歳未満の子どもや保護者の方にも安心して遊んでいただけるよう、授乳室を備えた「ベビーエリア」を設けており、赤ちゃんが安心してハイハイができる広さを備えるとともに、つかまり立ちの練習ができるバーやバランスをとりながら遊べる遊具などを設置し、遊びの中で多様な動きを促すように工夫しています。

    6ページ目をご覧ください。

    「おしろらんど」の魅力を多くの方に知っていただくために、インスタグラムを開設いたしましたので、ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

    次に、「屋内遊び場の記念式典とオープン」についてであります。

    「資料の2」をご覧ください。

    「おしろらんど」の記念式典を4月22日(木曜日)に行い、翌々日の4月24日(土曜日)にオープンすることにいたしました。

    記念式典につきましては、新型コロナウイルス感染防止の観点から、出席者を、設置にご尽力いただきました関係者に限定して、執り行ってまいりたいと考えております。

    記念式典終了後には、報道機関の皆様を対象とした内覧会を行いますので、この機会に是非、お越しいただきたいと思います。

    最後に、「入場予約」についてであります。

    「資料の3」をご覧ください。

    市民、県民の皆様がこの「おしろらんど」に期待され、オープンを心待ちにしている声をお聞きしておりますので、オープン直後から、多くの子育て世帯の皆様にご利用いただけるのではないかと考えております。

    本市における新型コロナウイルス感染症の発生は、おかげさまで1月中旬以降、ゼロの日が続くなど新規感染者が減少傾向となっておりますが、3月から4月にかけては、住民の転出入が最も多い時期でもあり、次の感染拡大が危惧されているところであります。

    このような、コロナ禍においても利用者が安全に、そして安心して、「おしろらんど」をご利用いただけるよう、1クール90分あたり75組150名程度と想定しております通常の利用定員を、1クール90分あたり35組70名程度に利用者数を制限させていただきます。

    また、多くの皆様がスムーズに「おしろらんど」をご利用いただくため、当面の間、土曜日、日曜日、祝日につきましては、利用予約を実施させていただきたいと考えております。

    予約方法につきましては、甲府市ホームページに利用予約フォームを開設いたしますので、ご利用を希望される日時を指定し、ご予約いただきたいと思います。

    なお、平日については、1クール90分あたり35組の利用人数に変更はありませんけれども、予約制ではなく先着順とさせていただきたいと思います。

    より多くの子どもや子育て家庭の皆様に利用していただくとともに、子どもの笑顔がはじけ、まさに子どもが輝く新たなランドマークとなるよう、安全・安心な屋内運動遊び場づくりに引き続き取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

    本日の発表は以上でございます。

    「おしろらんど」よろしくお願いいたします。

    甲府市子ども屋内運動遊び場愛称について

    「甲府市子ども屋内運動遊び場」の愛称募集に関し、たくさんの愛称をお送りいただきまして、ありがとうございました。

    審査の結果、「おしろらんど」に決まりました!

    参考資料
    愛称の条件

    (1)子どもの屋内遊び場のイメージにふさわしいものであること
    (2)誰もが覚えやすく、親しみやすいものであること
    (3)他の名前や商標に類似していないものであること

    甲府市子ども屋内運動遊び場遊具等提案及び設置業務公募型プロポーザルについて

    甲府市子ども屋内運動遊び場遊具等提案及び設置業務公募型プロポーザルを実施しました。

    甲府市子ども屋内運動遊び場条例制定について(令和2年9月定例会)

    甲府市子ども屋内運動遊び場条例を制定しました。(詳細資料(PDF:167KB)

    甲府市子ども屋内運動遊び場について(令和2年7月10日市長定例記者会見)

    配布資料「甲府市子ども屋内運動遊び場」について(PDF:2,104KB)

    【以下、市長定例記者会見内容抜粋】

    「甲府市子ども屋内運動遊び場」についてであります。

    資料の1及びモニターをご覧ください。

    本市は、これまで「こども最優先のまち」の実現に向け、子育て・子育ち支援を積極的に推進する中、平成30年7月には、子育ち支援に重点を置いた「甲府市子ども未来プラン」を策定し、子どもの運動能力の向上に繋がるよう、「プレイリーダーの育成」や「運動遊びができる場の創出」について、取り組んでまいりました。

    そして、本年3月には、全ての子どもが今を幸せに過ごし、未来に向けて、夢や希望の実現に挑戦できる「こども輝くまち」を目指し、「甲府市子ども未来応援条例」を制定したところであり、この条例の取組の一つといたしまして、夢中で遊びながら体力づくりができる運動遊びの新たな拠点となる「子ども屋内運動遊び場」を設置するものであります。

    「子ども屋内運動遊び場」においては、児童保育や幼児教育等の職務経験者に携わっていただくだけでなく、子どもを応援したい方にはプレイリーダーのノウハウを身に付けてもらいご活躍いただくなど、女性や学生の活躍の機会の創出を図ってまいります。

    なお、今回の子ども屋内運動遊び場は、子どもの発育発達学が専門の山梨大学教育学部長の中村和彦教授や、全国的に屋内運動遊び場のプロデュースを数多く手掛けている事業者の監修をいただきながら準備を進め、令和3年4月末のオープンを目指してまいります。

    資料の2枚目をご覧ください。

    この「子ども屋内運動遊び場」は、掲載いたしましたイメージ図のように多様な遊具を配置するだけでなく、子どもが夢中で遊べるように子どもの遊びを誘引するプレイリーダーを配置いたしまして、子どもの運動遊びをサポートするほか、年齢別・機能別のゾーニングにより、「楽しさ」と「安全性」を確保していくことを考えており、子どもたちが目を輝かせながら思いきり運動遊びを楽しめる遊びの環境を創ってまいります。

    資料の3枚目をご覧ください。

    設置場所につきましては、「子ども屋内運動遊び場」は、多くの集客が見込まれますことから、甲府城南側エリアに位置する民間ビル空きスペースを利活用することによりまして、子育て家庭をまちなかエリアに誘客し、中心街の活性化や魅力づくりに繋げてまいりたいと考えております。

    また、安心してご利用いただけるよう、山梨県が作成した「施設における感染拡大予防ガイドライン作成基準」の内容を参考に、室内の換気等により、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策も講じてまいります。

    今回設置いたします「子ども屋内運動遊び場」は、盆地特有の暑さや寒さにとらわれることなく、四季を通じて楽しめる遊び場となりますことから、甲府市内だけでなく、山梨県内の子どもたちや子育て家庭の皆様に末永く愛されるよう、笑顔にあふれる、安心・安全な施設となるよう取り組んでまいります。



     

    よくある質問

    「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
    上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
    ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    よくある質問入り口

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    子ども未来総室子ども応援課子ども応援係

    〒400-0034 甲府市宝二丁目8番19号(西庁舎3階)

    電話番号:055-231-5538

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?
    このページの情報は見つけやすかったですか?
    このページの情報はわかりやすかったですか?

    ページの先頭へ戻る