ホーム > 重要なお知らせ > 新型コロナウイルス感染症に関する総合情報 > 【1月14日】甲府市長から市民の皆さまへメッセージ

更新日:2021年2月5日

ここから本文です。

樋口市長から『感染対策4つのポイント』お聴き下さい

 

【1月14日】甲府市長から市民の皆さまへメッセージ

市民の皆様や事業者の皆様、医療現場等の最前線で昼夜を問わず、対応されているすべての皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症対策に多大なるご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

国において、緊急事態宣言の対象地域に、京都府・大阪府・兵庫県・愛知県・岐阜県・栃木県・福岡県が追加され、既に発出済みの1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)と合わせ、対象地域は11都府県となり、一向に収束の兆しが見えない、大変憂慮すべき状況となっています。

市内におきましても、元旦から昨日(13日)までに47人の方が感染し、1か月間の最多人数でありました、昨年8月の41人を年明けから2週間足らずで、すでに大幅に上回っており、過去をはるかに超えるペースで急拡大を続けている大変厳しい状況でございます。

今まさに、感染拡大を食い止めるための重要な局面を迎えており、お一人おひとりに深刻な状況をご理解いただき、市民一丸となって、これ以上感染症を拡大させないため、予防的対応への努力が必要であります。

このような中で、市民の皆様には、引き続き、「基本的な感染防止対策」の徹底や「3密の回避」、「感染リスクが高まる『5つの場面』の注意」、【冬の新型コロナ予防対策「か・き・く・け・こ」】の実践に加えて、以下4点について、是非、徹底をお願いいたします。

1.緊急事態宣言の対象地域への往来は、やむを得ない事情がある場合を除き、控えていただくとともに、対象地域以外に往来される場合は、感染状況を確認のうえ、慎重な判断をしていただきますようお願いいたします。

2.会食は主要な感染経路の一つですので、緊急事態宣言が発令されている期間は、新年会や無尽会などの機会は出来る限り減らしていただきますよう、お願いいたします。特に、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方は、ご自身の命と健康を守るためにも、是非、お控えいただきますよう、お願いいたします。

3.高齢者世代に限らず、発熱や咳など少しでも風邪のような症状が始まったら、どんなに軽い症状であっても外出を控えるなど、出来るだけ人との接触をさけていただきますよう、お願いいたします。

4.風邪のような症状がある場合は、お早めに電話でかかりつけ医に相談していただき、特に、高熱や息苦しさ、強いだるさなどがあったりする時には、すぐにかかりつけ医に電話で相談し、医師の診断により必要な検査を受けていただきますようお願いいたします。また、かかりつけ医がおられない方は、保健所にご相談していただきますようお願いいたします。

市民の皆様には、新型コロナウイルスは身近にあると改めてご認識をいただき、お一人おひとりの行動がその後の感染拡大防止に繋がり、大切な方々を守り、地域を守ることになりますので、新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和3年1月14日

市長署名

 

 

 

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る