更新日:2020年4月14日

ここから本文です。

令和2年4月11日甲府市臨時記者会見

 shashin0411

臨時記者会見の内容

会見の映像はこちらからご覧ください 

日時

令和2年4月11日(土曜日)午後4時~

場所

本庁舎4階大会議室

発表事項

  • 新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内31例目)   

発表内容

本日、甲府市内で発生をいたしました県内31例目になりますけれども、新型コロナウイルス感染症患者につきまして、ご報告を申し上げます。

県内31例目の患者の方は、年齢及び性別は、30歳代の女性でございます。

居住地は、甲府市内でございまして、職業は、美容師であり、甲斐市内の美容院に勤務をされております。

この方の症状でございますけれども、4月6日(月)の午後に38℃の発熱がみられ、咽頭痛、倦怠感、関節痛などの症状があったとのことでございます。4月7日(火)につきましても、38.6℃の発熱がみられ、4月8日(水)に、市外の医療機関Aを受診し、内服薬を処方されました。4月9日(木)には、36℃台に解熱をいたしましたが、4月10日(金)に、再び、市内の医療機関Bを受診され、PCR検査を実施した結果、本日4月11日(土)に陽性であることが判明し、県内の感染症指定医療機関に入院をされました。

現時点で、発熱や呼吸器症状はないと伺っております。

現時点で判明しております行動歴につきましては、ご本人への聞き取り調査によりますと、発症前の2週間以内に、海外への渡航歴はないということでございます。

発熱等の症状が出る前日の4月5日以降につきましては、勤務をされておりま

せん。また、4月8日及び10日の医療機関の受診以外は、自宅で静養され、感染が広まらないよう、家族等と別の部屋で過ごしていたと伺っております。

また、現時点で判明しております濃厚接触者につきましては、発熱等の症状が出た4月6日の前日以降の出勤はなく、また、医療機関の受診以外は自宅で静養されていたとのことでございますので、この県内31例目の患者の方の濃厚接触者は、同居されておられるご家族の3名と、同居されておられないご親族の方1名の計4名と判明しており、現在、外出を控えるようにお願いするとともに、今後PCR検査を行うこととしております。

以上が現在までに判明している内容でございます。

患者様の一日も早い回復と退院をお祈りを申し上げます。

 ここ数日、県内での感染症患者の発生が続いており、樋口市長からも、幾度となく市民の皆様にお願いをしてまいりましたが、市民の皆様方におかれましては、市内での感染者の増加により、ご不安が増していることと思いますけれども、感染症の拡大防止には、市民の皆様方お一人お一人の落ち着いた行動が不可欠でございますので、ぜひともご協力をお願いを申し上げます。

また、不要不急の外出の自粛や、手洗い、咳エチケットの徹底、密閉・密集・密接の3密を避けていただく行動の徹底などのほか、会話や会議など人がいる場所におきましては、お一人お一人が距離をとっていただくことを意識されるなど、日常生活におけます感染の予防をお願いをいたします。加えまして、発熱や呼吸器症状などのある方につきましては、甲府市保健所内に設置をしております「帰国者・接触者相談センター」へご相談いただきますよう、お願いを申し上げます。

私からは以上でございます。

発表項目の質問について 

(記者)

濃厚接触者について、同居する3名についてはわかるのですが、同居していない1人というのはどういう接触をしていたのでしょうか。濃厚接触というのがどういうものかという一例になると思うので、教えていただけますでしょうか。

(保健所長)

別にお住まいですが、頻繁に会っていたということです。

(記者)

頻繁に。それ以上詳しくはわからないということでしょうか。

(保健所長)

はい。

(記者)

今の質問に関連してなのですが、別居親族1名の方は、頻繁に会っていたというのは、時系列で、症状が出たあといつ、というのを教えてください。

(保健所長)

近くに住んでおられるので、頻繁に行き来をしていると聞いています。ですが、一緒にいるわけではなくて、頻繁に顔を合わせたりということだと思います。詳しくはわかりません。一日にどれくらいとか、何時間とか、そういう詳細はわかりません。

(記者)

ということは、時系列で症状が出てからいつお会いしていたかというのは把握されていないと。

(医務感染症課長)

症状が出てからは会ってございません。家族的な関係と聞いております。

(記者)

濃厚接触者は、症状が出る前だと認定しない場合があるかと思うんですけれども、今回別居の親族1名を濃厚接触者と認定したのは、会う頻度が非常に高かったからということですか。

(医務感染症課長)

家族に近い親族ということでご理解いただけたらと思います。

(記者)

先ほどの説明ですと、発症前でも家族は濃厚接触ということになるわけですよね。そうすると、この方は職業が美容師ということですが、発症前にも勤務されていて、そこで濃厚接触されている可能性があると思うのですが、その美容室を発表されるご予定は。

(医務感染症課長)

同じ濃厚接触でも、勤務先の方と家族とでは、それ以前の、発症前のたとえば関わりとかも違いがあると思いますので、今回は発症後、会ってはございませんが、あえて家族の方については濃厚接触者にかなり近いという位置づけの中で対応をさせていただきますが、職場については、この方が出勤したのは発症の2日前ということになりますので、職場の方々は濃厚接触とは考えないで、もちろんこちらでどなたか具合が悪い方が出ましたら、そこはそれで調査をいたしますが、今回は家族のみを濃厚接触とさせていただきました。

(記者)

よくわからないのですが、濃厚接触というのは、発症前にも濃厚接触となり得る人となりえない人の差が、家族か家族ではないかで分けられるんですか。

(医務感染症課長)

基本的には、発症後接しているかどうかですけれども、ただ、家族については、やはりかなり近い関係であったと思いますので、そこはあえて広めに拾って家族を濃厚接触にいたしました。

(記者)

美容室を利用した方で体調不良を訴える方が今後いるかと思うのですが、そういう人のために、“私はここを利用した”、“ちょっと心配だな”、という人たちのためにも、そういう公表をされることはないのでしょうか。たとえば、それとも利用者については、すでに把握されていて、その人たちには個別に何かアクションを起こされているのでしょうか。

(医務感染症課長)

現在のところ、美容室のお客様までの調査はしていませんが、従業員の方たちに今症状のある方はいらっしゃいません。詳細につきましては、今後美容院のほうから伺いたいと思います。

(記者)

利用者に関しては追跡調査をされて、健康観察をされていくという理解でよろしいでしょうか。

(医務感染症課長)

そうですね。美容室ですので、ご予約のお客様などはわかると思いますので、そちらは私どものほうで追跡調査をするというよりも、美容院の方々に、お客様のなかで具合が悪い人はいないかどうかの確認はさせていただきます。

(記者)

この方はこれまで出た30例のなかでの接触というのは確認されているのでしょうか。

(保健所長)

確認されておりません。

(記者)

この方は、A医療機関を受診して、その後9日に熱が下がっていますよね。その後PCR検査に至るというのは、どういう理由があったのでしょうか。

(保健所長)

この方は大変慎重な方だと思います。6日に発熱した時点で同居の家族と離れて住むようにしたりですね、3日連続熱が出て下がったにも関わらず、もう一度病院を受診するという行動に出ていますので、もしそうだったら困るという大変慎重な行動であったと思いますし、大変良い決断だったなと思います。

(記者)

ようは、医療機関Bというのはセカンドオピニオン的な感じで行ったということですか。

(保健所長)

セカンドオピニオンというよりも、やはり医療機関Aの後、解熱したけれどももう一度受診したかったということだと思います。どうして行ったのかというのはわからないですけれども。

(福祉保健部長)

市外の医療機関Aを受診されて、保健所長がお話されたように非常に慎重な方なので、その後帰国者接触者相談センター、保健所の相談センターにご相談されて、市内の医療機関Bを受診されたという流れでございます。

(記者)

で、医療機関BでPCR検査をやってみましょうとなったわけですか。

(保健所長)

はい。

(記者)

女性の症状は軽いのでしょうか。

(保健所長)

軽症と聞いております。症状はほとんど消失していると聞いております。

(記者)

熱もないと。

(保健所長)

はい。本日は熱もなく、少しのどの違和感があると聞いておりますが、そのほかの症状はないということです。

(記者)

細かいことで恐縮ですが、4月8日の市外医療機関Aというのは、これは甲府市、甲斐市、どちらと捉えればよろしいでしょうか。

(福祉保健部長)

市外でございますので、甲府市外です。

(記者)

先ほどの質問で、この女性が医療機関Bを受診した経緯はわかったのですが、PCR検査に至ったのはどのような根拠からなのでしょうか。

(医務感染症課長)

PCR検査をするかしないかは、そちらの外来で先生がお決めになりますので、先生が診察をされて、PCR検査が必要だということで検査をされました。

(記者)

それはわかっているのですが、なぜお医者さんがそういう判断をしたかという情報はありますか。

(医務感染症課長)

そこはわかりません。

(記者)

わからないでいいですか。言えないではなくてわからないで。

(医務感染症課長)

わからないです。

(記者)

同居の親族の方は体調が悪いというのは出ていないということですが、これも推察の話になってしまうのですが、こういった年代の方だと、たとえば小さいお子さんやご主人がいらっしゃるのかなと思うのですが、職場とか学校、園などそういったところまで調査を広げる考えはあるのでしょうか。

(保健所長)

先ほどからお話しましたように、家族構成はこの方のほかに4人おります。ご主人と2名の未就学児のお子さん。そして同居していない親族です。ご主人についても(発症後)勤務はしていないということで、子どもさんについても4月6日が最終登園でございまして、(患者は)この日は発熱する前にお子さんを送り出してその後発熱したということで、それ以後は園に行っていませんので、自主的に登園自粛をしているということです。

(記者)

お子さん2人とも未就学児で登園ということですが、2人とも保育園、もしくは幼稚園に通われている…。

(保健所長)

保育園です。

(記者)

ちなみに同じ園ですか。

(保健所長)

同じです。

(記者)

同じ園に通っていて、4月6日が最後の登園ということ。

(保健所長)

そうです。

(記者)

ご主人については、いつから仕事に行っていないということですか。

(福祉保健部長)

4月4日からと聞いています。4日は出勤していない。

(記者)

4日には行っていないということ。

(福祉保健部長)

4日には行っていない。3日までということですね。

(記者)

個人の事情かもしれませんが、(仕事に行っていたのが)3日までというのは、奥様が発熱したのが6日だと思うのですが、3日から5日までというのは、特に奥様の具合が悪いから念のため自分も休んだとかそういう理由ではないということですか。

(保健所長)

土・日だったからです。

(記者)

4、5日は土・日で、6日は。

(保健所長)

6日はたまたまお休みだったそうです。

(記者)

7日以降は、奥さまの具合が悪いから念のためということでしょうか。

(保健所長)

この方も、患者さんが熱が出たので、会社に行くのを止めていたそうです。

(記者)

同居していない親族が1人いたということですが、この方はどこにお住まいなのですか。甲府市内ですか。

(保健所長)

甲府市内です。

(記者)

念のためですが、職業が美容師で、勤務地は甲斐市内の美容院という表現でよろしいでしょうか。

(福祉保健部長)

その通りです。

(記者)

あと、4月5日以降は勤務せず在宅というのは、これは発熱前ですけれども、これはもともと5日はお休みということですか。

(医務感染症課長)

日曜日でお休みだったということです。

(記者)

4日は何時から何時までの勤務かということは調査はしておりますでしょうか。

(医務感染症課長)

ちょっと確認がとれていません。通常の美容院の開いている時間の勤務だと思います。

(記者)

日中ということですね。その勤務が重なる時間帯に何人と接しているというのは、今後調査をするということですか。

(医務感染症課長)

はい。確認はしたいと思います。

(記者)

4月8日の医療機関Aですが、こちらではPCR検査という判断にはならなかったのですか。

(医務感染症課長)

はい。ならなかったと聞いております。

(記者)

Aの受診の段階ではどういう診断が出たのですか。

(医務感染症課長)

診断名までは聞いていないようです。

(記者)

こちら内服薬ということですが、よく考えられるのだと解熱とかそういうものですか。

(医務感染症課長)

そうですね。風邪薬とかそういうものだと思います。

(記者)

別のことですが、4月6日に症状が出た段階で同居するご家族と住む場所を変えたということですが、そこをもう少し詳しく教えていただけますか。

(医務感染症課長)

ご本人以外の方々は別のお宅で暮らしているということです。

(記者)

これで言うと、ご主人とお子さん2人が別の場所に行っていて、症状が出ている間はこの方は基本的に1人ということですか。

(医務感染症課長)

はい。1人ということですね。

(記者)

家族のPCR検査が今後というのは、もう日程は決まっているのですか。

(保健所長)

家族のPCR検査は本日いたしました。やっている最中かもわかりません。

(福祉保健部長)

結果はまだ出ていません。

(記者)

4日の勤務時間帯に、もし何人と接したのというのがわかったとして、その方たちが濃厚接触者に当てはまる可能性はあるのですか。

(保健所長)

この方たちは濃厚接触者ではありません。

(記者)

それはどういう理由からですか。

(保健所長)

これは定義がございまして、症状が出てからが濃厚接触者ということになります。

(記者)

さっきの濃厚接触者の検査ですけれども、結果はいつ頃出るのですか。

(福祉保健部長)

本日中、本日出たとしても遅い時間だと思います。もしくは明日結果が出るということです。陽性でしたらご報告させていただきますし、仮に検査をした結果陰性だったとしても、何らかの形でご報告させていただくことにしております。

(記者)

今日発表されるか、明日になるかは今のところわからないということですか。

(福祉保健部長)

結果は何時に出るのかは現時点ではわからないので、大変申し訳ございません。

(記者)

渡航歴はないということですが、たとえば東京に行かれたとか、県外に出られたとかいう情報はありますか。

(保健所長)

渡航歴はなく、県外へ出られたという情報もありません。

(記者)

念のためですが、Aの医療機関を受診された際にPCR検査をされなかったということで、おそらくコロナに関して判断をしていなかったということだと思うのですが、こちらの医療機関では濃厚接触にあたる…病院としては安全な対応ができていたのでしょうか。過去にそういう事例もあったので。

(医務感染症課長)

確認をしまして、特に特別な処置や検査等はしていませんで、通常の装備で診察をしておりますので、こちらの医療機関は濃厚接触に当たらないと考えています。

(記者)

2回通院される際に、いわゆる公共交通機関みたいなものは利用されているのですか。

(医務感染症課長)

ご自分の自動車で行ってらっしゃいます。

 

(以上)

※患者様の概要は、感染症法に基づき感染症の予防等のために公表したものです。患者様・ご家族様等の人権尊重・個人情報保護にご理解ご配慮をお願いします。

言葉遣いや明らかな言い間違い、言い直しがあったものなどを整理した上で掲載しています。

(作成:甲府市情報発信課)

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

情報戦略室情報発信課プロモーション推進係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る