ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 解雇されたのですが、国民健康保険料の軽減制度はありますか?

更新日:2017年12月18日

ここから本文です。

解雇されたのですが、国民健康保険料の軽減制度はありますか?

質問

解雇されたのですが、国民健康保険料の軽減制度はありますか?

回答

倒産・解雇などで離職した人や雇い止めなどで離職した人は、国民健康保険料が軽減される場合があります。
対象者は、以下の条件にすべて当てはまる方です。
・雇用保険受給資格者証の離職日が平成21年3月31日以降
・雇用保険受給資格者証の離職理由のコードが、11・12・21・22・23・31・32・33・34
・雇用保険受給資格者証の所定給付日数が90日以上
・離職日現在65歳未満の人
軽減を受けるには届け出が必要です。
届け出には、雇用保険受給資格者証、印かん(朱肉を使用するもの)、国民健康保険証、マイナンバー(個人番号)が分かるもの、届出人の顔写真つきの身分証明書(免許証など)が必要です。

注意

★雇用保険高年齢受給資格者証や雇用保険特例受給資格者証を交付されている方は、対象外です。
★上記以外の方でも保険料が減免される場合がありますので、関連リンク先をご覧ください。

お問い合わせ

国民健康保険課:電話055-237-5368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る