ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の特定健診はどのような目的で実施され、どんな検査内容ですか?

更新日:2019年3月25日

ここから本文です。

国民健康保険の特定健診はどのような目的で実施され、どんな検査内容ですか?

質問

国民健康保険の特定健診はどのような目的で実施され、どのような検査内容ですか?

回答

平成20年度から各医療保険者(国民健康保険等)に義務付けられた健診です。40歳から74歳の被保険者の方が対象となり、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者及び予備群を特定し、深刻な疾患へ発展することを予防することで医療費の削減を図ることを目的としています。
甲府市では、疾病の早期発見と予防のため、厚生労働省が定めた法定項目のほか、独自に項目を追加して実施しています。
【基本的な健診】
・問診・医師の診察
・身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
・血圧測定・尿検査(糖、蛋白、潜血)
・血液検査(血中脂質、肝機能、血糖、貧血、腎機能)
【詳細な健診】
 今年度の検査結果等の判定基準に基づき、医師の判断で実施。
・心電図検査
・眼底検査

お問い合わせ

国民健康保険課
電話:055-237-5373

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る