ホーム > よくある質問 > 福祉 > 高齢者福祉 > ひとり暮らしの高齢者の安否確認のための制度はありますか?

更新日:2021年4月23日

ここから本文です。

ひとり暮らしの高齢者の安否確認のための制度はありますか?

質問

ひとり暮らしの高齢者の安否確認のための制度はありますか?

回答

ひとり暮らしの高齢者等のための制度として、以下のようなものがあります。

緊急通報システム
心臓疾患や脳梗塞など慢性的な疾患がある高齢者世帯等を対象に、急病や事故などで緊急に助けを求める場合、迅速な救護対応ができる緊急通報システム機器(ふれあいペンダント)を貸与します。電話回線を使用して受信センターと結び、相談員が消防への通報など24時間体制で対応します。
対象者
・ひとり暮らしの高齢者(65歳以上)で、身体上・慢性疾患等のため日常生活上注意を必要とする方。
・65歳以上の高齢者世帯で、いずれかひとりが身体上・慢性疾患等により日常生活に注意が必要な者で、緊急時に他の世帯員による対応が困難な世帯の方。
・機器の使用には固定電話が必要です。なお、推奨回線はNTT回線です。それ以外の回線では、通話に不具合をきたす場合があります。
・協力員として、近所の方3名の登録が必要です。
・システム利用時の通話料・電気料をご負担いただきます。
・市民税課税世帯は、設置にかかる費用をご負担いただきます。

福祉電話貸与
電話を保有していないひとり暮らし高齢者に対して、孤独感の解消及び安否の確認のために、福祉電話として甲府市名義の電話回線を設置(貸与)します。
基本料金及び通話料は本人負担(設置に要する費用は市負担)。電話機はご自分でご用意ください。
対象者は、次の全てを充たす方
・甲府市に居住している65歳以上のひとり暮らしの方
・前年度の市民税非課税の方、または生活保護法による被保護者
・居宅生活に不安があって、安否の確認等を要する方

お問い合わせ

福祉保健部総務課高齢者支援係
電話055-237-5613

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る