ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の保険料の計算について教えてください。

更新日:2019年3月28日

ここから本文です。

後期高齢者医療制度の保険料の計算について教えてください。

質問

後期高齢者医療制度の保険料の計算について教えてください。

回答

保険料の計算方法
一人ひとりが被保険者となり、保険料は、被保険者が等しく負担する「均等割額(応益分)」と被保険者の前年の所得に応じて負担する「所得割額(応能分)」の合計になります。
均等割額・所得割率は、山梨県後期高齢者医療広域連合で2年ごとに改定を行います。
30年度および平成31年度の保険料率は以下のとおりです。
保険料年額(10円未満切捨)=均等割額(定額)40,490円+所得割額{所得-33万円(基礎控除額)}×7.86%
※賦課限度額62万円
・「前年の総所得」には、遺族年金・障害年金・恩給などの非課税所得は含まれません。
・年度途中で後期高齢者医療制度に加入・喪失された方は、年間保険料が月割計算されます。例えば、9月10日に加入の場合、9月から翌年3月までの7か月分の保険料が賦課されますので、「年間保険料」×「12分の7」という計算になります。

注意

所得が少ない方には、保険料の軽減措置があります。

お問い合わせ

高齢者福祉課 電話055-237-5617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る