ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > モモのせん孔細菌病の防除について

更新日:2019年9月26日

ここから本文です。

モモのせん孔細菌病の防除について

年、山梨県内各地でモモのせん孔細菌病の発生が多く確認されており、被害が蔓延してしまうと、産地の維持が危ぶまれます。

の病気は、風雨により病原菌が飛散し伝染することから、感染期である9月中旬から10月上旬にかけて、病気の発生の有無にかかわらず防除を行うことで、病原菌密度の低下を図ることができます。

れを受け、山梨県及び本市では、新たに補助制度を立ち上げ、薬剤費の3分の2を助成することとなりました。

きましては、下部PDF資料をご確認いただくとともに、管内JAの指導のもと、適正な防除に努めていただけますようお願いいたします。

た、本防除は、栽培規模の大小を問わず一体的に行うことが効果的でありますので、近隣のモモ栽培農家への防除指導及び薬剤費の助成制度の周知を、併せてお願いいたします。

収穫後の防除対策について(PDF:1,410KB)

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林振興室就農支援課就農支援係

〒400-0832 甲府市増坪町791番地1 農業センター

電話番号:055-241-5616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る