ホーム > 市政情報 > 広報 > 次世代甲府大使 > 次世代甲府大使 山梨英和高等学校自然科学部応援終了インタビュー

更新日:2022年3月28日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

次世代甲府大使 山梨英和高等学校自然科学部応援終了インタビュー

2019年11月に次世代甲府大使に認定し、これまでその活躍を応援してきた山梨英和高等学校自然科学部のみなさん。2022年3月をもって3年間の応援期間が終了となります。今後もますますの活躍が期待される山梨英和高等学校自然科学部のみなさんに2021年の振り返りと今後の目標をインタビューしました!

1eiwa2022inta

2021年はどんな年でしたか?

北出:私は「水ダニを使った山梨県の水質」を研究しました。今年は大会に出る機会が多く、相手にどうすれば分かりやすく伝えられるかを大会ごとに試行錯誤しながら研究発表しました。特に資料作りに力を入れたので、力を伸ばせたと思っています。12月に「サイエンスキャッスル」という大会があり、ポスター発表と口頭発表に出場しました。コロナ禍でリモート開催が多い中、この大会は現地開催されたので、緊張して上手く話せないところがありましたが、伝えたいことは伝えられたと思っています。2021年の研究の集大成の発表だったので、“やり切った!”という感じです。

吉川:私は「キシャヤスデの物理運動」の研究をしています。2021年は「日本土壌肥料科学会」や「山梨県芸術文化祭」に出場しました。コロナ禍で制約が多く大変でしたが、研究の計画をしっかり立てて実行したので、自分が描いた通りの研究ができたと思っています。

守屋:私は「山中湖のハリモミ林付近に生息するダニの生態」について研究しています。今年はコロナ禍で現地に行くことができず、研究が中々進みませんでした。ペアを組んで一緒に研究をしている仲間が山中湖周辺に住んでいるので、ダニを集めてきてくれて観察することができましたが、研究発表まで行き着くことができず、残念でした。

5eiwa2022inta

大会など、新型コロナウィルスの影響を感じましたか?

吉川:大会の日程に合わせて準備を進めていても、日程や発表方法が変わることが多く、調整するのが大変でした。リモート開催の大会は発表方法が例年と異なるため、前例がない分、特に苦労しました。山梨英和高校では各自がタブレットを持って普段から授業を行っているため、オンライン授業の期間中も顧問の先生と連絡をスムーズに取ることができ、問題なく準備を進めることができて良かったです。

3eiwa2022inta

2022年のそれぞれの研究の目標を教えてください

北出:今は調査対象が山梨県内だけなので、スコアが完全なものではないと感じています。今後は長野県など隣県まで調べていきたいです。そして今は川の水質調査を行っていますが、池や湖まで範囲を広げてスコアの精度を高めていきたいと思っています。

吉川:私は、「キシャヤスデ」の研究はやり切ったと思っています。これからは「ムカデ」の研究をしたいです。ムカデの物理運動の数式を出して、キシャヤスデとの比較もしたいと考えています。そして、この研究を後輩に引き継いでもらいたいです。中学3年生がキシャヤスデの体のつくりなど生物系の研究をしているので、私の物理的な研究と絡めて、一つの研究として進めていってくれると嬉しいです。

守屋:私は、自分の研究が未完成なので仕上げることに専念して、来年は後輩にも研究の成果が出たことを見せられるように結果を出していきたいと思っています。

4eiwa2022inta

部のモットーはありますか?

三人:部員それぞれが、興味を持ったことを“とことん研究”して、自分が思うところまで研究を突き詰めていってほしいと思います。
私たちは、先輩方から研究に対する姿勢や、熱意をもって研究することの大切さを学びました。

みなさんの将来の夢を教えてください!

北出:私は、正直まだ決まっていません。大学に進学して、そこから興味のあることに出会えたらその道に進みたいと思っています。

吉川:私はプログラマーになりたいです。もともと多足類生物は苦手なので(笑)将来の夢にまで多足類生物を持ち込まないようにしようと考えています。

守屋:私は、国際関係に興味があるので、いろいろな語学を習得して何ヶ国語も話せるようになりたいです。

2-1eiwa2022inta

(今回インタビューに答えてくれたのは、2年生の部員3名。左から守屋香穂さん、吉川椛さん、北出乃愛さん)

個々の研究をとことん突き詰める甲府のリケジョ、山梨英和高等学校自然科学部のみなさん。
これからも熱い探究心で研究に励んでください!応援しています!

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市長室情報発信課プロモーション推進係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る