ホーム > 市政情報 > 広報 > こちら甲府スポーツビューロ

更新日:2022年3月31日

ここから本文です。

「こちら甲府スポーツビューロ」ラジオ番組

甲府市では、2015年10月~2022年3月の間、エフエム甲府ラジオ番組「ごきげんな昼下がり」の中で、「こちら甲府スポーツビューロ」を放送してきました。この番組は、多くの方が様々なスポーツに興味を抱き、スポーツ人口の底辺拡大と地域の活性化を図るため、パーソナリティの石部典子さんと自転車ロードレース選手の今中大介さんとともに様々なアスリートや関係者の方々をゲストに招き、タイムリーなスポーツの話題を届けてきました。
2022年3月24日、約6年半の長い歴史に幕を閉じ、最終回を迎えました。
これまでの軌跡をこのページでご紹介します。

2022年3月24日 第332回放送

20220324

ゲスト:山梨学院高校サッカー部 長谷川 大 監督(左側)
パーソナリティ:石部典子さん(右側奥)、今中大介さん(右側手前)

エフエム甲府ラジオ生放送番組「甲府スポーツビューロ」第332回目で最終回となります。3月24日は、山梨学院高校サッカー部の長谷川大監督をゲストに迎え、自転車ロードレース選手でツール・ド・フランスにも出場された今中大介さんとお送りしました!
今年度で山梨学院高校サッカー部の監督から退任することが決まっている長谷川監督は、優勝を果たした第99回全国高校サッカー選手権大会について、「1年以上経つが、優勝の瞬間は忘れられない。」と言い、「目の前の1戦1戦の積み重ねが優勝につながった。試合に対してやってきた準備を、選手たちがピッチ上でよく表現してくれた。」と振り返りました。
また、ご自身の指導方針について、「各選手の個性や強みを磨いていくことを求めてきた。その選手たちが集まったときに、互いの短所を補完し合い、欠点のないチームになれば良いという思いでやってきた。」と話され、大所帯のチームを率いるにあたっては「全員がそれぞれの思いをもって入ってきている。試合に出られない子の方が多い中で、試合に出場する選手は、出られない子たちの努力を感じ、責任感を持ってやらなければならない。」と話されました。
ご自身の今後については「山梨学院高校の理事長や校長先生をはじめとする関係者に支えられ、選手権で優勝できたことを感謝し、今後はJリーグで指揮を執ることができるS級コーチのライセンス取得を目指していく。」と教えてくださいました。
2015年10月から始まりました「こちら甲府スポーツビューロ」は約6年間、332回の放送をもって終了となります。地元の中学生からオリンピック選手まで多くのアスリートや関係者に出演をいただき、貴重なお話を伺うことができました。また、今中さんにはご自身の経験をもとに毎回ゲストから様々なエピソード等引き出してだきました。これまで番組を聞いてくださったリスナーの皆様におかれましては、大変ありがとうございました!

2022年3月17日 第331回放送

20220317

ゲスト:山梨クィーンビーズ 渡辺 愛加 選手(左側奥)
              池松 ほのか 選手(左側手前)
パーソナリティ:石部典子さん(右側奥)、今中大介さん(右側手前)

エフエム甲府ラジオ生放送番組「甲府スポーツビューロ」第331回目です。
3月17日は、山梨クィーンビーズの渡辺愛加選手、池松ほのか選手をゲストに迎え、自転車ロードレース選手でツール・ド・フランスにも出場された今中大介さんとお送りしました!
新加入時の昨年以来、2度目の出演となる渡辺選手は、「在籍2年目となり、責任感を持ってプレーするようになった。チームには引っ張ってくれる選手がいるので、しっかりついていこうと思いでプレーしている。」と言い、今シーズン新加入の池松選手は「社会人として働きながらプレーすることはタフだと感じた。その中でもシーズン5勝をあげられたことは良かったと思う。」と話されました。
今シーズンについて、お二人とも「コロナの影響で試合が直前で中止になったこともあった。モチベーションを維持するよう、バスケができることに感謝してプレーしてきた。」と言い、ここまでの試合については「プレーオフ進出を目指していたので、過去最高となるシーズン5勝をあげることができたものの、悔しい気持ちがある。勝てたと感じる試合もあり、勝ち切ること、連勝することが難しいと改めて感じた」と振り返られました。
今シーズン残りの試合に向け、「コロナの影響もあるが、1戦1戦、目の前の試合を大切に戦っていきたい。」と意気込みをいただきました。

2022年3月10日 第330回放送

20220310

ゲスト:山梨学院大学スケート部 山名 里奈 選手(左側)
パーソナリティ:石部典子さん(右側奥)、今中大介さん(右側手前)

エフエム甲府ラジオ生放送番組「甲府スポーツビューロ」第330回目です。
3月10日は、山梨学院大学4年生でスケート部に所属し、スピードスケートショートトラック選手である山名里奈さんをゲストに迎え、自転車ロードレース選手でツール・ド・フランスにも出場された今中大介さんとお送りしました!
山名さんは大学4年間を振り返り、「山あり谷ありで色々な経験をした。山梨学院大学に来て良かった」と言い、特に1年生の調子が悪かった時期に「このまま終わるかどうかは自分次第だよ」と先輩に言われた言葉が転機となり、トレーニングに励んだことが結果に繋がり“スケートを好きだと再確認した”と語られました。また、全日本選手権やとちぎ冬季国体で優勝を果たした2021年の快進撃について、「これまではスケートが好き!楽しい!という習い事の延長戦上という感覚でいたが、“勝ちたい”という思いが強くなり、自分を追い込み、辛い練習を頑張れるようになった」とスケートに対する気持ちの変化を語られました。兵庫県出身の山名さんですが、大学卒業後も4年後のミラノオリンピックに向けて山梨を練習拠点に活動されます。その理由は、山梨は練習に集中できる環境が整っており、現在のコーチの指示を仰ぎたいからだそう。今後はオリンピックに向けて短所を強化しつつ、長所を伸ばしたい!と語り、最後に「まだまだ上に向かって頑張るので応援よろしくお願いします!」と意気込みをいただきました。

2022年3月3日 第329回放送

20220303

ゲスト:甲府アイスホッケー・モンキーズJr コーチ 小山 訓弘 さん(左側奥)
    アイスホッケー山梨県少年(高校生)監督 鶴田 佳祐 さん(左側手前)
​​​​​​​パーソナリティ:石部典子さん(右側奥)、今中大介さん(右側手前)

エフエム甲府ラジオ生放送番組「甲府スポーツビューロ」第329回目です。
3月3日は、甲府アイスホッケー・モンキーズJrでコーチを務める小山訓弘さんとアイスホッケー山梨県少年(高校生)監督の鶴田佳祐さんをゲストに迎え、自転車ロードレース選手でツール・ド・フランスにも出場された今中大介さんとお送りしました!小山さんは北京オリンピックにアイスホッケー女子日本代表として出場した小山玲弥選手のお兄さんで、鶴田さんは小山選手がモンキーズに所属していた頃、コーチとして指導されていた方です。小山選手について、とにかく負けず嫌いで、頭ひとつ抜き出る技術を持っていたと語り、県内で初めて世界的な大会に出場した小山選手を誇りに思うと話されました。お二人とも同級生や兄弟の影響で競技を始められ、カッコよさと楽しさからこれまでずっと楽しまれているそうです。
しかし、最近は県内での競技人口の減少が課題だそうで、まずはアイスホッケーを知って欲しい、そして興味を持ってくれる人が増えて欲しいと話し、「小瀬アイスアリーナで体験会をしているので、みなさんぜひ参加してください!」と熱いメッセージをいただきました。みなさんも一度アイスホッケーを体験してみませんか?

出演者一覧

全332回の出演者についてはこちらをご覧ください。(PDF:269KB)

 




よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長室情報発信課プロモーション推進係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る