ホーム > 市政情報 > 広報 > シティブランド・PR > こうふ地旅~甲府の魅力を体験する旅~

更新日:2016年3月14日

ここから本文です。

こうふ地旅~甲府の魅力を体験する旅~

甲府市では、平成23年度からの新規事業として「こうふ地旅」を開催しています。

こちらのページではこれまでに開催した「こうふ地旅」の紹介をしています。

参加者を募集している最新のこうふ地旅に関する情報は、甲府市ホームページのイベントカレンダー、または甲府市の広報「こうふ」をご覧ください。

こうふ地旅とは

甲府市が企画する、「食、自然、産業や歴史、文化など甲府の魅力を体験し、地域の方たちと交流することで、市民の方から自分たちの住んでいるまち甲府の素晴らしさを発信していただく」甲府独自の市民参加型のイベントです。

第1弾「甲府のブランドとうもろこし”きみひめ”の収穫体験」

第2弾「甲府の大地が育んだ幸水(梨)の収穫体験」

第3弾「甲州地どりを知ってるけ!?」

第4弾「甲州水晶貴石細工を作るじゃん!」

第5弾「甲府市はワインの生産地です!」

第6弾「水晶宝飾加工品の製作体験をするじゃん!」

 こうふ地旅第1弾「甲府のブランドとうもろこし”きみひめ”の収穫体験」

平成23年7月10日開催

甲府市が生んだ、平均糖度19度のブランドとうもろこし「きみひめ」をご存知ですか?

こうふ地旅第1弾ではこの「きみひめ」の収穫体験を行いました。

ブランドとうもろこしきみひめ とうもろこし畑

参加者22名を乗せたバスが甲府市の上曽根町にあるとうもろこし農家に向かいました。甲府市が生んだブランドとうもろこし「きみひめ」の収穫体験をするためです。

この「きみひめ」は6月上旬~7月中旬が食べごろで、生のまま口にしてもとても甘く美味しいとうもろこしです。

その場で収穫し食べてみた参加者からは、

「甘い!茹でたとうもろこしと変わらない。」

「とてもジューシー!」

「おいしい!まるでフルーツみたい。」

と驚きと絶賛の声が。

農家の方も作業中に喉が渇いた時は「きみひめ」をかじって喉を潤すとのことです。

収穫の仕方はまず、とうもろこしの真ん中を持ち、次に下側に折るようにもぎます。このちょっとしたコツを覚えておけば誰でも簡単に「きみひめ」を採ることができます。

「きみひめ」は5月下旬~10月中旬頃まで風土記の丘農産物直売所等で販売されています。

詳しくは風土記の丘農産物直売所【電話055-266-3858】までお問い合わせください。

 こうふ地旅第2弾「甲府の大地が育んだ幸水(梨)の収穫体験」

平成23年8月8日開催

甲府市の梨は栽培面積、出荷量ともに山梨県一なのをご存知ですか?

甘さとみずみずしいシャリシャリ感が魅力の梨「幸水」の収穫体験を行いました。

幸水 収穫の様子

夏真っ盛り、地旅参加者36名は「幸水(こうすい)」という梨(ナシ)の収穫体験を行うために、甲府市上曽根町にある梨農家を訪れました。

この日は夏休み期間ということもありたくさんの親子連れでにぎわいました。

この梨畑がある一帯は笛吹川に近く、水はけも良いので、水・土壌ともに、おいしい梨づくりに必要な条件に恵まれているそうです。

みなさん、表面がツルツルになってきた食べごろの梨を嬉しそうに収穫していました。

採れた梨はとても大きく、ずっしりとした重量感で食べ応えがありそうです。

梨を食べた方の感想は

「程よい甘さで、みずみずしく、とてもおいしい。シャリシャリした食感がたまらない!」

とのことです。

「幸水」は8月上旬からお盆頃まで風土記の丘農産物直売所等で販売されています。

詳しくは風土記の丘農産物直売所【電話055-266-3858】までお問い合わせください。

 こうふ地旅第3弾「甲州地どりを知ってるけ!?」

平成23年8月21日開催

甲府市でも地鶏が飼育・販売されていることをご存知ですか?

こうふ地旅第3弾では甲府の地鶏「甲州地どり」の飼育体験と、「甲州地どり」の卵を使った料理教室を行いました。

甲州地どり 地どりとのふれあい 料理教室の様子

体験に協力してくれたのは「甲州地どり生産組合」の方々です。

「甲州地どり」とは通常のブロイラー(食肉用養鶏)と違って、倍近い期間(約120日)を豊かな自然の中で放し飼いしているので、身が引き締まり、味もぎゅっと詰まった地鶏です(食べた時に噛みしめれば噛みしめるほど味が出てきます)。

前半では甲府市落合町の養鶏場にてヒヨコや親鳥とふれ合い、後半では市立伊勢小学校北側にある「甲州地どり市場」にて「甲州地どりの卵を使った手作りマヨネーズのたまごサンド」の作り方を教えてもらいました。

完成した料理はヘルシーでとても美味しく感動的でした!

甲府には自慢できる地鶏がいることや、自分達の手で作った料理の味は大人になっても忘れる事はないでしょう。

「プリっとした肉感と、ジュワ―っと口に広がる味」がウリの「甲州地どり」は甲州地どり市場にて販売されています。

詳しくは甲州地どり市場【電話055-222-0032】までお問い合わせください。

 こうふ地旅第4弾「甲州水晶貴石細工を作るじゃん!」

平成23年9月18日実施

甲州水晶貴石細工は伝統工芸品として国から指定されているのをご存知ですか?

こうふ地旅第4弾では甲州水晶貴石細工(ストラッフ゜、フ゛レスレット、ネックレスなど)を製作し、伝統の技にふれました。

甲州水晶貴石細工 製作体験の様子

「甲州水晶貴石細工」は、江戸時代後期に京都より職人を迎え、甲府の北部や御岳昇仙峡から採掘される水晶の研磨から始まり発展してきました。昭和51年には通商産業大臣(現在の経済産業大臣)より伝統工芸品として指定されています。

製作体験ではいろいろな種類の水晶の中から気に入ったものを組み合わせ、ひとつひとつシリコンゴムやワイヤーに通していきます。

難しいところは職人さんに手伝ってもらい、ストラップ、ブレスレット、ネックレスが完成!

子どもから大人まで約30名が参加し、思い思いの作品を作ることができました。

職人さんも「こんな面白いイベントがあるなら是非次もやりたい!」と喜びと意気込みを語ってくれました。

「甲州水晶貴石細工」に興味を持たれた方は山梨県水晶美術彫刻協同組合【電話055-263-6951】までお問い合わせください。

 こうふ地旅第5弾「甲府市はワインの生産地です!」

平成23年10月25日開催

甲府市ではワインのもととなるぶどうの栽培から、醸造、販売までされていることをご存知ですか?

こうふ地旅第5弾では知っているようで、意外と知らないワインの醸造現場、農場からワイナリーまでを見学しました。

ぶどう畑の様子 ワイン樽

前半は甲府市善光寺町にある(株)サドヤの自家農園(ぶどう畑)を見学しました。農場主さん曰く、「ワイン用のぶどうを作るには、土地がやせていること」が条件だそうです。

見学の後はお土産用に販売しているいろいろな種類のぶどうを試食させていただきました。種類によって味が様々!食べた中には「シャインマスカット」という新しい品種もありました。

後半では甲府駅北口の(株)サドヤ内にあるワイナリーを見学し、地元のワインがどのようなもので、いかなる行程で作られているのかを知る事ができました。

ワイナリー見学では社長さん自ら、サドヤの歴史やワインの醸造の仕方などを詳しく教えてくれました。地下のワインセラー(貯蔵庫)には100樽以上のワインが熟成され、出荷の時を静かに待っています。

見学の最後にはサドヤ産ワインの試飲も行い、大満足の地旅第5弾でした。

甲府のワインに興味をもたれた方は、株式会社サドヤ【電話055-251-3671】までお問い合わせください。

 こうふ地旅第6弾「水晶宝飾加工品の製作体験をするじゃん!」

平成24年2月19日開催

甲府市には、全国で唯一公立のジュエリーについて学べる専門学校があることをご存知ですか?

こうふ地旅第6弾では、「山梨県立宝石美術専門学校」を会場に、以前の開催(第4弾地旅)で好評をいただいた水晶宝飾加工品(ストラップ、ブレスレット、ネックレス)の製作体験を行いました。

山梨県立宝石美術専門学校 製作体験の様子

見本を参考にしながら様々な色や模様のある穴の開いた水晶玉をシリコンゴムに通していきます。綺麗な水晶玉がたくさんあるので選ぶのに迷ってしまいます。

選ぶ石の組み合わせによってカラフルなものからシンプルなものまで、自分だけのオリジナルの作品を作ることができます。

仕上げは職人さんに手伝ってもらい完成!

子どもから大人まで約20名が参加し、こだわりの作品を作ることができました。

会場となった「山梨県立宝石美術専門学校」には水晶や宝飾品の展示があり、展示スペースは平日の午前9時~午後5時までの間どなたでも自由に見学することができます。

学校の授業や施設の見学をしたい方、学校に興味をもたれた方は、山梨県立宝石美術専門学校【電話055-232-6671】までお問い合わせください。

「甲州水晶貴石細工」に興味を持たれた方は山梨県水晶美術彫刻協同組合【電話055-263-6951】までお問い合わせください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

産業振興室商工課商工金融係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎8階)

電話番号:055-237-5694

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る