更新日:2019年12月23日

ここから本文です。

山梨県庁舎別館(旧本館)および県議会議事堂(やまなしけんちょうしゃべっかん(きゅうほんかん)およびけんぎかいぎじどう)

県庁敷地内の中央部に、県庁別館(旧本館)と県議会議事堂があります。
これらはともに、昭和5年(1930)築造の建物で、昭和38年に現在の庁舎(新館)ができるまで、県庁舎の主要建物でした。現在、旧本館は近代人物館や県民情報センター等として、議事堂は県議会の議場として使用されています。
両建物ともに、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、車寄せ柱や外壁腰部が塩山産の花崗岩、その上部は愛知県産の特殊タイルが貼り付けられています。窓はスチールサッシ、内壁と天井は漆喰(しっくい)塗、階段は大理石張りで重厚な造りです。
旧本館は、地下1階地上3階建て、議事堂は地下1階地上2階建てです。屋根瓦の一部は、当時の県章(「山」の字を図案化したもの)が用いられています。また、庁舎を真上から見ると「山」の字形になっています。


山梨県庁別館(旧本館)
山梨県庁別館(旧本館)

瓦
現在も当時の瓦を見ることができます。

これらが建てられる前の庁舎は、甲府市役所(建替地)の位置にあり、現在の庁舎の場所には、甲府中学(現:甲府第一高等学校)がありました。当時の庁舎は、明治10年(1877)建設の藤村式の擬洋風建築物で、市役所建替地で行われていた発掘調査の際に、その基礎部分の一部が現出しています。
旧本館の外観は、竣工当時とほとんど変わっていないため、旧陸軍司令本部などとして、映画やテレビドラマの撮影にたびたび使用されています。

  • 区分…県指定文化財(建造物)
  • 指定年月日…平成22年12月24日
  • 場所…丸の内1-6-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る