更新日:2019年9月27日

ここから本文です。

身体活動量を高めましょう!

体を動かすには良い季節となりました。体を動かすことを「身体活動」といいます。

身体活動には、家事労働や歩行、階段の上り下りなどの日常生活で体を動かす「生活活動」と、水泳やテニス、ヨガなどのいわゆる「運動」の2つがあります。

生活活動と運動の2つを日常生活に組み入れると、身体活動量が高まります。身体活動量が高まれば、体力の維持・向上につながるばかりでなく、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善にも大きな効果が得られます。また、適度な運動はストレスの解消にもなります。

生活活動で心がけていただきたいのは、普段から体を動かすことを惜しまず、自分でできることは自分で行い、意識的に体を動かすようにすることです。今一度ご自身の日常生活を振り返ってみましょう。

運動には、ゆっくり呼吸しながら長時間行う「有酸素運動」と、腹筋運動のように筋肉をつける「筋肉刺激運動」、ゆっくり息を吐きながら反動をつけずに筋肉をのばす「ストレッチ運動」の3つがあり、これらを組み合わせることが最も効果的な運動といわれています。

有酸素運動で日常生活に取り入れやすいのがウォーキング(歩くこと)です。続けて20分以上歩くと効果があると言われていますが、10分ずつ何回かに分けて歩くことでも効果があります。10分のウォーキングで約1,000歩になります。姿勢よく、歩幅を広げて、慣れてきたところで少し速度を上げてみるのもいいでしょう。

思い立った時に、できることから始めてみませんか。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

情報戦略室情報発信課広報係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る