更新日:2021年2月17日

ここから本文です。

「冷え」を防ごう!

手足の指先が氷のように冷え切って眠れないなど、体の全体が寒いわけではないのに、部分的に冷えを感じる状態を「冷え性」といいます。

人の体は、寒いと感じた時に鳥肌が立ちます。この時、体の中では毛穴が閉じて体温が下がるのを防いで、血液を手足に送りこみ、体温調整しています。つまり、「冷え性」は血行(血液循環)が悪くなり、体温調整する働きが上手に働かない状態です。

運動不足による筋力低下、体調を無視した無理なダイエット、クーラーに長くあたる習慣がある、ストレスをためやすいなどが「冷え性」になりやすい原因と言われています。まずは規則正しい日常生活を心がけ、少しずつ体温調整する働きを取り戻しましょう。

冷え性対策

1.ぬるめのお風呂にゆっくり入る

38~40度くらいのお湯に20分以上ゆっくりつかると血流が良くなり体が芯から温まります。半身浴が心臓などにも負担が少なくおすすめです。手浴や足浴も効果があります。

2.バランスのよい食事で栄養をとる

ビタミンB・C・E群・鉄分・良質のタンパク質などの栄養素が重要です。毎日の食事をバランス良く取りましょう。また、生野菜のサラダは体を冷やしてしまいます。温野菜やスープなど加熱調理しましょう。

3.適度な運動をする

筋肉には体の中で熱を作り出す働きがあります。日ごろからウォーキングやストレッチなど適度な運動をし、筋肉をつけましょう。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

情報戦略室情報発信課広報係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る